覚えにくいショートカットキー まずは確認しつつ普段使い

パソコンのショートカットキーは、手元のキーボードをいくつか押すだけで行いたい操作を素早く終えることが出来ます。

拒否反応を示される方も居ると思いますが、まずは普段行うパソコン操作からひとつだけ、試しに使えるようにしてみては如何でしょうか?

A8A0AA0F 5592 4528 97B5 A68F154FF23E

(写真はPCに貼り付けたショートカットのメモ)

面倒なマウス操作をショートカットキーで対応

普段、マウス操作が面倒だと感じていることにショートカットキーで対応出来ると時短に繋がるのが実感できます。

例えばいくつものファイルを印刷をすることなどは、マウスで操作しているととても面倒です。

そんなとき、印刷のショートカットキーの『Ctrl+P』(windows環境の場合)は2つのキーを同時押しするだけでスムーズに印刷可能です。

 

Internet ExplorerやExcel、Wordにも使えるので、その便利さは感動ものですよ。

無理に暗記せずストレスなく普段使い

はじめは無理に覚えようとせず付箋にショートカットキーをメモ、パソコンに貼り、キーを確認しつつ使うことから始めるとストレスなく取り入れられます。

気がつけたら付箋を見なくても自然と使えるようになっていますよ。

あとがき

パソコン操作の効率化で、作業時間を減らしていきましょう。その分、時間や意識をより大切なことに振り分けられるようにしていきましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

3月15日まで一週間を残し、確定申告案件が終了。
無事に終えることが出来、ほっとしております。

【昨日の一日一新】

GONTRAN CHERRIER TOKYOへ行く

Let’s note CF-SZ5を使う

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■moriya-blogは、次の方法で購読できます。
・Facebookに更新情報が流れます。

・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼