総工費100億円が掛かったロボットレストランは儲かるのか?

ロボットレストランで非日常感あるステージを目の当たりにしつつ、気になったのは儲かるのかどうか。

IMG 6938 1

(写真は新宿歌舞伎町ロボットレストランの入り口)

ステージの内容と、100億円の総工費が掛かっても儲かるのかどうか自身の見解について投稿します。

ロボットレストランはエンターテイメントショー

まずお伝えしたいのが、ロボットレストランはど派手なエンターテインメントショーだということ。

ロボットが出てくるのはもちろんですが、

IMG 6982 1

 

恐竜に乗った戦士や

IMG 6972

 

日曜朝のレンジャーものの敵役みたいなキャラが出てきたり

IMG 6977

 

サメに乗った人魚も登場

IMG 6971

 

多くのキャストが登場するパフォーマンスはとにかくど派手、圧巻です。

IMG 6964

レストランと名前が付いていても食事についてはおまけ程度、ロボットが接客してくれるレストランではないと押さえておきましょう。

ロボットレストランに入ると納得 総工費100億円

こちらのロボットレストラン、公式としては総工費が100億円掛かったといわれています。

正直なところ、そんなの嘘じゃないの?と疑いつつお店に行ってみたのですが店内の部屋は入った瞬間に驚いてしまう程の豪華な空間。

総工費100億円という触れ込みが本当であってもおかしくない、信じさせてくれる説得力がありました。

ちなみに余りにも豪華な内装に驚き室内の写真を撮り忘れ、残念ながら写真が残っているのは次の男子トイレのみなのですが…

IMG 6940

トイレ内はきらきらと輝く金色の装飾、いくら位改装に使ったのでしょうかね…(^^;)

ロボットレストランは総工費100億円が掛かっても儲かる事業なのか?

ロボットレストランを観た時に、思わず考えてしまったのが100億円の総工費に見合うだけ儲けられるのかということ。

ざっくりと試算してみると年間売上は約16億円(ステージ1回あたりの売上は約140万円と試算)で総工費100億円を売上で回収をするだけでも6年以上掛かってしまいます。

ロボットレストランが開業した際は客席数が少なく単価も安かったこと、店舗の維持には人件費、その他固定費(賃料や光熱費等)を含めると黒字転換にはさらに長期間にわたることは想定されます。まず2012年の開業から4年経った現在も毎年赤字で採算は取れていないことが想像できます。

ですが、ロボットレストランについてより長期的な目線で見ると

・他の企業が同様の事業の模倣は難しい(短期的に投資に見合わない)
・外国の方向けに観光スポット(ブランド)化し客足は堅調
・売上に対する変動費の割合が低い利益構造

と事業上有利な点もあり、過去の設備投資や赤字を回収出来る資金があれば、その後は高利益で安定的に儲かるだろうと感じました。

あとがき

ロボットレストランはお値段1万円を切って楽しめる本格派のエンターテイメントショーで外国人観光客が集まるのも納得のステージでした。

あやしいイメージから食わず嫌いをしている方も、機会があれば一度観に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は完全オフ日。

休日のブログのアクセス数の変化を知りたく
試験的に記事を投稿などしていました。

【昨日の一日一新】

とある読書会に申し込み

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼