監査法人の組織 職位と監査チームについて

Pocket

公認会計士が集まっている監査法人について、その実態があまり知られていないと思い今回監査法人の組織について紹介していきます。

監査法人とは

監査法人が主に行っているのは決算書などが含まれる財務書類の検証と証明業務。公認会計士が5名以上集まって設立されて運営されています。

一般的に通称4大監査法人と呼ばれる

  • 新日本有限責任監査法人(提携先:Ernst & Young)
  • 有限責任監査法人トーマツ(提携先:Deloitte Touche Tohmatsu)
  • 有限責任あずさ監査法人( 提携先:KPMG)
  • PwCあらた有限責任監査法人(提携先:PricewaterhouseCoopers)

が有名どころでこちらについては名前ぐらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

いずれも数千人規模の監査法人のため会計士の出身監査法人を伺うと、ほぼいずれかの監査法人であることが多いです。

監査法人の特徴 社員は出資者のみ

監査法人が一般的な会社と違う点は社員となるためには出資者であることが必要なことです。社員でない公認会計士も働いていますがそれはあくまで従業員という立場となっています。

明確にわかる対外的な違いとしては、監査法人が発行する監査証明書にサインできるのが社員である公認会計士だけというで、たとえ公認会計士であったとしても社員でなければ決して監査法人として発行する監査報告書にサインをすることはできないのです。

監査法人の職位

監査法人の職位をざっくりと分けていくと次の様に分かれていて、下からジュニア、シニア、マネージャー、パートナーとなっています。

ジュニア

公認会計士となる前の職位。公認会計士試験に合格しても、公認会計士になるためには実務経験や実務補習、修了考査の合格が必要で公認会計士登録が済むまでの約3年間は一般的にジュニアです。

シニア

公認会計士登録後の職位で、ジュニアの指導やマネージャーやパートナーの補佐、クライアントとの窓口の中心となって業務のとりまとめも行っていきます。

マネージャー

マネージャーは現場に近い管理職。特に規模の大きい監査業務に関与したり、監査法人内の間接業務にも関与しています。

パートナー

パートナーは監査法人の役員にあたる職位。監査法人の出資者という立場で、監査法人の経営方針について決定する権限を持っています。

監査チーム

また一定規模の監査法人には部門やグループがありますが、その中でも行動の中心となる単位としてクライアント先ごとに編成される監査チームです。

監査チームでの編成としてはスタッフ、インチャージ、サイナー、レビューパートナーという形が一般的となっています。

各クライアントごとに一年間をかけて監査契約の締結から計画の立案、内部統制や科目の検証、決算開示、意見形成対応など実施。

スタッフ

スタッフはインチャージから指示された担当をこなす。

インチャージ

インチャージはクライアントとの主要な窓口で監査の計画を立て、進捗を管理。検討事項について検討するなど現場を円滑に回す役割。

サイナー

サイナーは監査報告書に署名する責任者。監査計画の承認,検討事項についてどのように取り扱うのか決定する立場。

レビューパートナー

レビューパートナーはサイナーが承認した監査計画や検討手続き、監査意見など査閲する立場。監査チームから一歩引いた立ち位置でクライアントに関与しています。

監査チームの役割で立場の上下が入れ替わることも…

自分がシニア時代にはインチャージをしていた監査チームでマネージャーをスタッフとして来ていただいたこともありました。

普段であれば会計士試験の合格年度や監査法人内での役職で上下関係が形成されますが、監査チームとして動く際に上下関係が変わることがあるのは監査法人ならではでないでしょうか?

振り返ってみると各現場に応じた立場で適切に対応が出来るかどうかが、専門家として信用されるのかどうかの別れ目だったとも思います。

あとがき

実際に務めていた人でないとなかなかイメージがしづらいのが監査法人。今回は監査法人の組織について記事にしてみました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近になってドラクエ11をやり始める。

レベルは未だに一桁を脱した程度、少しずつ進めながら楽しんでいきましょう(* ‘ー’)ノ

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼