岡崎体育さんのワンマンツアーに参加。生演奏じゃなくても大満足!

Pocket

Zepp DiverCity TOKYOで行われたJINRO presents 岡崎体育ワンマンツアー「キミイロハートII」に行ってきました。
開催されたのは体育の日の10月9日、岡崎体育さんのライブを観るのならこの日が良いとチケットを手に入れていたのです。

岡崎体育さんがどんなステージを見せるのか気になっていた

いつくかのフェスで岡崎体育さんのステージを見たことがあり、たったひとりでステージに上がり観客を盛りあげる姿に惹かれ、今回のツアーに行ってみることに。

フェスはフェスで楽しいのですが、折角ならしっかりとワンマンライブを堪能してみたいと初参加してきたのです。

期待以上のステージ

「キミイロハートII」の観に行って率直に感じたのが想像以上のステージだったということ。

  • 約2500人のお客さんがいる会場で声援に対応
  • 曲の歌詞を当日用にアレンジ
  • 映像を使った演出
  • 音楽に合わせたひとり芝居

などあり、テレビの音楽番組やフェスでは見ることができない岡崎体育さんのステージが繰り広げられます。たったひとりであったとしてもその分工夫がされていてバンドに負けない満足度でしたし、和やかな雰囲気でありつつも来てくれた観客をいかに楽しませるのかを徹底されていて、時間いっぱいまで岡崎体育さんのステージを楽しみました。

生演奏はなくても良い

ライブというと生演奏や生歌に価値があると思ってしまいがちですが、岡崎体育さんのステージでは主な楽曲はMacBookの音源から流れてくるものが中心です。ステージ上に置いてあるパソコンを操作して楽曲が流れ出したら歌っていくスタイルで、それこそ楽曲によっては楽曲の演奏はおろか歌すら歌わないこともあるのに驚きました(^_^;)

ですが、たとえ生演奏でなかったとしても岡崎体育さんのパフォーマンスは魅力的で惹きつけられるものがありましたし、むしろ生演奏でのライブよりも展開がスムーズに進むのでイベントとしての密度が濃く、個人的な満足度は高かったです。

「商業音楽」いかに届けるか、届くようにするのか?

今回の岡崎体育さんの「キミイロハートII」ステージを見ていてすごいと感じたのはまだ20代の岡崎体育さんが自身の作っている楽曲を「商業音楽」と口にしていたこと。
その発言を聞いていてYouTube上で再生数が伸びたバズるミュージックビデオをいくつも公開出来ているのは決して偶然ではなくて、いかに自身の楽曲を届けるか、届くようにするのか?考え、徹底しているからなのだと分かります。

自身の音楽をいかに届けるか、届くようにするのか?考え自らブランディングしている岡崎体育さんのステージを見て改めてこれから先も応援したいと感じました。

ちなみに岡崎体育さんの再生数の多い話題作は『MUSIC VIDEO』

おすすめの聴かせる楽曲は 『式』、印象ががらっと変わりますので興味ありましたら是非いちど聴いてみていただければと思います。

こちらの投稿もおすすめです

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
最近気になっているのがChromebook。
windowsやMacOSと使いwebベースなので戸惑うと思うのですが…
そういった面も込み込みで興味津々なのですよね。

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼