山の知識検定を受験!利用したテキスト、過去問、予想問題に参考資料

Pocket

11月12日に第7回 山の知識検定ブロンズコースを受験しました。そこで今回は試験の概要や勉強に利用したテキスト兼過去問と、予想問題、そして参考資料についてご紹介しようと思います。

山の知識検定とは

山の知識検定は一般社団法人日本山岳検定協会が開催している検定で、公式ホームページでは次のように紹介。

山の知識検定(ヤマケン)とは”山を知るほど、山が楽しくなる。”をモットーに、自然を守りながら、安全で楽しい登山を行っていただくための知識検定です。

試験の概要としては次のようになっています。

  • 年一回の開催
  • 難易度は簡単なものからブロンズ、シルバー、ゴールドコースの三段階に区分
  • 試験時間は90分・合格基準はいずれも70%
  • ブロンズは問題数約80問、料金は一般3,240円・学生2,700円

この検定は合格したからといって仕事になるような類のものではありませんが、これまで特段登山について学んだことがなく、安全に登山をするために基礎知識を身につけておきたかったこと、最後に受けた試験から数年経ち今ならどう試験に挑むのか試してみたいと感じ、ブロンズコースに挑むことにしたのです。

山の知識検定で利用したテキスト、過去問、参考資料

試験を受ける際に必ず必要となるのはテキストや過去問です。テキストがなければ何を基準にして勉強するれば良いのか掴めませんし、過去問がなければ試験のレベル感や出題方式・傾向もわかりません。

また試験の問題にはテキストだけではカバーしきれない知識もあり、参考資料が必要でした。

テキストと過去問は安全登山の基礎知識を使う

こちらの試験ではテキストとなるのが山の知識検定公認BOOK 安全登山の基礎知識 増補改訂版

Amazonからも購入できるので手に入りやすく平成28年度ブロンズコースの過去問が巻末付録としてついていてテキストと過去問をこの一冊でまかなえますので試験を受ける方の多くは購入されているはずです。

平成28年度より前の過去問は書籍として山の知識検定の公式サイトで販売されているのですが、平成27年度と平成26年度のものはゴールドコースを除き品切れ状態に…他の初受験の方たちと同じ条件ではありますが十分な過去問分析ができなかったのは残念でした。

ちなみにクレイジージャーニーのアドベンチャーレースの回に出演されていた田中正人さんが山行計画・安全登山の基本についてを執筆。試験を受験しない方でもリーダーシップに触れられている内容については必見の価値があるかと。

アプリで予想問題の入手できる

予想問題としてはiOSとAndroidに対応した山の知識検定アプリ(480円)を活用。問題数は無料のものが3問、有料のものなら80問もあったので役立ちました。

もしこの山の知識検定アプリに過去問が追加されていれば受験者としても過去問の在庫切れにも悩まなくて済んだのにと感じていて、今後は追加コンテンツの販売を期待しています。

山の雑学対策は日本百名山

山の雑学対策として使えると感じたのは 深田久弥さんの著書、日本百名山です。各百名山の書き出しの段落だけでも読んでおくと対応できる問題が増えます。紙の本では載っている地図や写真は電子書籍版にはなく、電子書籍好きの方でも紙の本の方が無難です。

地図記号はネットの情報で攻略

地図記号の勉強については【みんなの知識 ちょっと便利帳】地図記号一覧というサイトの記事を活用しました。

色が分からないと判別できないものはきちんと色付きとなっていましたし、各記号の説明にはなぜその記号の形となったのか由来まで書かれていたりと情報が充実。暗記をするのにも理解から記憶が出来るので短時間でかつ確実に記憶が進むかと思います。

山の知識検定は登山に役立ち興味惹かれる山の逸話に触れられるのが魅力

山の知識検定を受け終わって振り返ると登山計画や地図読み、気象や救助の網羅的な基礎知識を得られたこと以外にも、山に関する逸話が予想以上に興味深かったです。実のところ今回の試験は合格するための勉強よりも、むしろ山に関する歴史や人間ドラマに興味が惹かれてしまったように思うのです。

山の知識検定は山の魅力に気付かされてしまう危うさがありました…^^;

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
昨日は山の知識検定を朝から受験をしてきました。
自己採点してみると合格には微妙なラインと発覚することに…

試験を受けて間違えた部分の再確認を終えまして、後は静かに合格発表を待とうと思います。

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼