ペーパードライバーが運転にチャレンジ!1日1新の習慣が背中を押す

ペーパードライバー歴9年、免許を取ってからはじめて車を運転してきました。

IMG 6213

きっかけは友人からのひと言

最後に車を運転したのは教習所の実技試験。車の運転のための免許証は本来の用途のために使ったことはありません。

そんな自分が運転をしようと思ったのは友人と沖縄の宮古島に旅行で行くことが決まり『友人から折角だから運転してみたら?』との発言があったことがきっかけ。

過去に周囲から『守屋さんは(ペーパーで不安だから)運転しなくていい』と言われていた自分にとって、運転実績ゼロながらも人として信用されていると感じ嬉しかったです。

1日1新の習慣は背中を押してくれる

それでも今までだったら『自分は運転はずっとしていないし、向いていないからやめておくね』と口にしていたと思います。

その理由は他の人が普通に出来ている運転に恐怖心があったことや、失敗して恥をかきたくないという気持ちが強かったからです。

ですがブログを始めてから日課にしている1日1新(1日1個以上やったことのない事をすること)をやり始め、知らない事や出来ない事に良く出会うようになります。

・ボイトレでは腹式呼吸がうまく出来ず
・ヨガでは身体が固くポーズがとれず
・暗闇体験では目が見えない世界にどうしたものかと立ち尽くし
・中国では言葉が分からず毎日恥をかき
・セミナーを初めて主宰した際にはスクリーンに映す方法が分からない

ちょっとした出来ないことや恥をかくことは日常になり、出来ない事へ取り組むことのハードルは下がっていきました。
今ではその時その時はみっともなくても、これからの自分の可能性は広がっていくと気づき、チャンスを見つけては試しにやってみようと考えるクセが出来たように感じます。

ペーパードライバー教習所に行く

そんな可能性を気づきつつも、ずっと運転していないのでハンドル握るのはとても怖い。とてもじゃないけれど人の命を載せて運転する勇気は出ません。

そこで東小金井にある久尾自動車教習所のペーパードライバーレッスンを申し込みました。

ゴールド免許を持っていながら外で運転するのが怖いと感じ教習所に行くのは恥ずかしい…けれど、その恥ずかしさを受け入れて運転を学び直せました。運転すること自体への恐怖心はなくなり、離島の空いている道なら自分の運転スキルでも大丈夫。今はそんなメンタル状態になれています。

まとめ

薄っぺらいプライドは1日1新で少しづつ取り払う。そうしていけば興味があっても苦手な事にチャレンジ出来る素養ができます。
そうしたら新しい自分の可能性を見つけることが出来ますよ。

あとがき

駐車場で斜めになり友人からツッコミを貰いましたが、宮古島初日は無事故無違反でやりきれました!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

甘い物を食べたくて見つけたのは
焼き小枝!

夏場にチョコレートが溶けない!!
すごいモノを知ったと密かに感動しておりました。

【昨日の一日一新】

集客動画塾セミナーの受講
焼き小枝

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼