ブログ開設から三年経過、これまでを振り返る

Pocket

平成26年10月にこちらのブログを開設してから三年が経過。キリのいいタイミングなので今回はブログのことについて記事に残します。

自身で恥ずかしいと感じてしまった文章力

自身の実名でブログを公開することに当初はハードルを高く感じていて、実名だから変なことは書けない。しっかりとした文章を書かないと必要以上に意気込んでいました。

しかし、実際にブログを公開し始めて分かったのは自身の文章力のなさ。なぜこんなにも伝えたいことが書けないのかと感じていた程です。

小さい頃から文章を書くことは苦手だったけれども、もう大人ですし、会計士なれていましたし、税理士としても働くようになっていましたし…まさか二十代後半になってまで、文章として伝えたくてもうまく書けなくて歯がゆく感じるとは思ってもいなかったのです。

ブログの更新頻度を下げた理由

うまく出来なくてもやり始めたら納得するまで取り組みたいという性格のため、文章を書くことにもどかしく感じつつも、気がつけば2年以上も平日毎日更新を継続。

インプットとアウトプット全般についても見直していて徐々に記事を書くことへの抵抗感も下がっていったことを実感。

時には自身にとってかなりナイーブな両親への想いを掘り下げて素直に綴ったのは自分自身でも驚いたりもしています。

ただその一方で考えてしまったのは、いつまでブログを続けていくのか?ということ。

ブログを書いていたことがきっかけの新たな出会いにも恵まれていますし、自身の成長にも繋がりました。ただその代わりブログに固執しすぎては柔軟な対応が出来なくなってしまうとも感じていたのです。

ルーティンは大切だけれども日々の行動を棚卸しする段階にきたのではと。

そういった考えからもあって更新頻度に固執しないようにブログとの関わり方を調整。最近では週に一度程度ぐらいの頻度で記事を書くように。
実現したいことや状況によってスタンスは変わるもので、今の自分としては適度な更新頻度を保ってブログを続けていきたいと思うのです。

ブログの対費用効果と得られたこと

ブログを運営することで得られる直接的な収入は微々たるもので、費やしたコストを考えればアルバイトでもしている方がよっぽど対費用効果は良いですし、取り組んでいれば厳しい意見を耳にすることもあることも…

ただそんなことはブログの単なる一面でしかなく、多くの人に自身の存在や言葉を届ける機会が得られたこと、そしてたとえ拙い言葉だと思っていても自身の言葉を積み重ねてきたから得られた気づきや変化もあるのです。

我を通すような強い言葉選びやメッセージ性の強い主張は苦手ですが、それでもブログを残していきたい、継続していきたいと感じています。

あとがき

今回の記事を書くにあたって過去に公開した記事を読み返してみたのですが、得手不得手は別ですが、どうも自分は物事を考え、伝えるか取り組む行為自体が好きだったのだと気がつくことに…

ただ荒々しくて我ながら驚いてしまうような文章も残しておりますが、それも自身が成長した証ということで生き恥をさらしている次第です(苦笑)

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
中島愛さんのサタデー・ナイト・クエスチョン

秋アニメのネト充のススメのOPが良い。

妙にギターのフレーズが気になり調べてみると
フジファブリックの山内総一郎さんが作曲をしているなど。

特徴的なイントロのフレーズに心掴まれている今日このごろです。

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼