経理業界で働き始めて早十年が経過。自身の現状の仕事感について

振り返ってみれば公認会計士試験に合格し、働き始めてから今年で10年を経過。節目となるタイミングなので現状の仕事感について書き残しています。

本当の意味での実力、経験値は年数や数では測れない

自分が監査法人で働き始めたのは平成19年12月、税理士として独立をしたのは平成24年1月のことで社会人生活でいえば11年目、独立をしてからは6年目に突入しています。

振り返ってみると公認会計士としても税理士としても様々な方たちに関わらせて頂くことで経験を積んでこれたのだと感じてます。

ただその一方で「特に意識をして気をつけていかないといけない」と心がけていることは実力や経験値はどれだけこの業界にいたのか、経験年数ではないということです。

これから先の時代や仕事環境の変化は早く、機械的に出来る仕事だけをこなしているだけでは、いずれその仕事で稼げるものではなくなってしまうでしょう。国家資格を持っていても単に資格や肩書があるだけというだけになってしまいます。

10年や5年と一定の期間を越えているからこそ慢心をしない。改善や反省を積み上げていくことでしか実力や経験値は養っていけないことを忘れてはいけないかと。

公認会計士と税理士、両方の資格をもっているけれどメイン・サブという意識はない

自分は元々が公認会計士の資格を得て、その資格を足がかりとして税理士になりました。
周囲からすると独立している税理士という立場の他にも、公認会計士としての一面もあり「どっちが本業なの?」と聞かれることもあります。

自身としては決してどちらがメイン・サブという意識はなく、立ち位置こそ違いますが、そのどちらも守屋冬樹として責任を持って対応しています。

誰にでもどのような切り口で関係性を捉えるかで立場は変わってしまうもの。上司や部下、親や子、兄弟、彼氏や彼女、友人など対応する人によって様々な面がありますので、自分の場合は職業という切り口で2つの面があるだけでしかありません。

公認会計士、税理士いずれでも業務の幅は広く、そのどちらか一方だけをとっても生涯をかけて学ぶような世界です。それこそどれだけ研鑽を続けたとしても道は半ばといるでしょう。

どれだけ研鑽を続けても道は半ば、そうであるからこそ限られた時間や意識のリソースをうまく配分していく必要性がある。公認会計士と税理士どちらかを選ぶのではなく、その両方を選ぶ選択肢を今後も模索していきたいです。

いずれの業務でも自身が持っている能力を提供して取り組んでいることに変わりはなく、公認会計士・税理士両方の立場があるからこそ、いい加減なことをしてはいけないと強く感じています。

関連

あとがき

こういった仕事の価値観についてあまり口にすることはなく、新年一発目の記事として区切りが良く書き綴ってみました。

もしかしたら考え方が変わるかもしれませんが、現状こういった仕事感を持っていると言葉に出来たことが意味もあるのではないかと。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は神田明神に初詣へ。
1月も7日目だから空いているだろうと高をくくっていたら思いの外の混雑…

思わぬところでブログ記事の執筆が進むこととなりました。
今年も以前と変わらずマイペースに綴っていけたらと思っています。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼