独立税理士の方々が集まる忘年会で感じた周囲からの影響

先日のこと独立税理士の方々が集まる忘年会に参加してきました。様々な話題があがるなかで改めて周囲の方々から影響を受けていたなと気づくことに。

今回の記事では、独立税理士の方々が集まる忘年会で感じた周囲の方々からの影響について書き残しています。

関連:

執筆を仕事にしている人と接すれば自然と自分も…と思えていた

今回忘年会でご一緒した方の多くがブログを運営、中には本や雑誌記事を書かれている方もおられました。

税金や経理処理などネットで調べている際に見知った方の書かれた記事を目にすることも多いですし、本屋さんで著書が売られていることもあります。

自身はといえばもともと読書好きではありましたが、数度執筆のご依頼を戴いていて気がつければ雑誌記事を掲載。

独立当初には自身が著者となっている未来を想像したことはなく、今こういった機会に恵まれたのは周囲に執筆されている方がいる環境が当たり前で自然と自分も…と思えるような影響を受けていたからだと思っています。

関連:

健康に意識を向けること、RPAはより身近になった

今年になってからスポーツジムに週6で通っていたり、RPA(正確にはRDA)を試してみているのですが、それも他の独立税理士の方たちの影響です。

ひとりで仕事をしているからこそ健康管理はより重視すべきですし、今のうちから単純作業の自動化を研究することも欠かせない。そう感じるようになったのは周囲の方たちが健康に配慮して運動に取り組んでいたこと、そしてプロセスの自動化を研究しているのを見聞きしていたことが大きかったです。

最初の始めるきっかけが得られるかどうかが大切で、そのきっかけさえ得られれば、あとは自分がどう取り組むのか試行錯誤だけですからね。

関連:

同業者同士いい刺激を与え合う

自分はひとりで事業をやっているので他の同業者を駆逐するようなビジネスにはなりませんし、他のひとり税理士の方々も人が違えば得意とすることも変わるので決して同じことは出来ないもの。人前で話すことが得意としている方や、エネルギッシュで行動力がある方、一緒にいて落ち着く安心感を持っている方など本当に人それぞれです。

それこそ以前雑誌に掲載することが決まった際に、面識のある方の書いた記事を参考に読んでいたのですが、人の得意としていることを真似して同じ方向性でやろうとしても勝てる訳がない、自分のできることだけに集中しようと再確認したことがありました。

同業者といっても仕事上の敵というわけではありません。考え方や仕事のスタンスがちょっとずつ違いながら、いい刺激を与え合うような関係性を築けていきたいと思っています。

自分の場合はいい影響を貰ってばかりな気がするのが悩ましいのです…^^;

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
メインPCをSurfaceLaptopからLet’s NOTE SV7へ。使いやすさを再認識しLet’s NOTE使いに復帰しています。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼