COUNTDOWN JAPANを楽しむための準備とおすすめ設備やグッズ、注意点

12月28日から1月1日まで開催される音楽フェスCOUNTDOWN JAPAN 14/15の初日に参加してきました。

そこで今回の記事ではイベントを楽しむための準備とおすすめの会場内の設備やグッズをまとめています。

関連:

イベントを楽しむための準備

イベントを楽しむためには次の持ち物を準備しておきましょう!

チケット

こちらがないと大変なことに。。

タオル

アーティストによってはタオルを振り回すことが定番化されていることもありますし、外との行き来でマフラー代わりに使うこともあります。

またライブ中は、人の熱気で蒸し暑く感じることもありますので汗が拭けるように持って行きましょう。

KANA-BOONなど盛り上がるとすごいですよ!

公式アプリのダウンロード(無料)

スマホを使っているのであれば是非公式アプリをダウンロードしておきましょう!出演者やタイムテーブル、会場の地図や、フードマップなど確認できます。
また、この公式アプリにはクイックレポートという機能があり、記者の方々が書いた各ステージの内容がライブを行った数時間後には公開されています。
読み応えもありますし転換中や休憩中などにおすすめですよ。

IMG 3435

携帯電話

友人たちと待ち合わせや公式アプリの利用に使います。

携帯電話の充電器と接続ケーブル

イベントの開催時間は昼過ぎから21時過ぎ(最終日の31日は早朝5時過ぎ)まで。特に最終日は長時間なので充電器は持っていくことをお勧めします。何度かやってしまったのはケーブルを持って行き忘れ充電が出来ないなんてことも…皆さんはケーブルも忘れないようにしておきましょう!

SuicaやPASMOのチャージ

大型イベントの開催の際には最寄駅(京浜幕張駅)が混雑しますので、チャージ不足で改札口で流れを止めてしまうとひんしゅくを買うことも、残高不足にならないように地元駅で事前にチャージしておきましょう。

カイロ

会場のステージ間やステージからクロークへとの移動時など冷えます。特に夕方以降は寒くなるので持参しておきましょう。

歩きやすい靴

丸一日会場にいた際には2万歩以上歩きました。ファッション性よりも歩きやすさが重要です。履きなれたスニーカーなどで向かいましょう!
ステージによっては人でぎゅうぎゅうになりますので人の足を踏んでしまったり、踏まれてしまうこともあります。

間違ってもヒールなどだと履いてこないようにしておきましょうね。

服装について

CDJは年末年始のイベントです。半袖一枚だけだと移動中や休憩中などとてつもなく寒く感じます!

中に一枚長袖を着ておくことや、プラスアルファで羽織れるものを持っていくことがお勧めです。
特に最終日は翌日の5時までイベントが続きます。ところどころで休憩を取った際には羽織れるものを持って行って良かったと感じました。

具体的な服装はCOUNTDOWN JAPANのギャラリーを見ると皆さんの服装がわかります。

リンクはこちら
http://countdownjapan.jp/1415/gallery

おすすめの会場内の設備やグッズ

SCHEDULE CARD

チケットをリストバンドと交換した所に置いてあります。
首にかけられるようになっていてタイムテーブルやエリアマップなどの
情報が書いてありますよ。

IMG 3436

クローク

荷物についてはクローク(ポリ袋)に預けるのがお勧めです。
料金は1日で1,000円で、友人とシェア出来たり何度でも出し入れすることが出来ます。
大きい荷物や上着などかさばるものは預けていきましょう。

IMG 3420

クロークに預ける際には記入用紙に名前と電話番号を書くのですが多くの人が集まるので記入場所は混雑しがちです。ボールペンなどの書けるものを持って行くとスムーズに預けることが出来ますよ。

フードエリア

フェスで食べる食事はおいしく感じます。夏フェスと比べるとCDJは注文して失敗したと感じるお店は少ないです。基本的に行列が出来ているお店は料理がおいしく満足度が高いですよ。

コンビニ

実は幕張メッセ内にコンビニが数カ所あります。クローク側の建物の二階とステージ側の建物に入ってすぐのところで食べ物も売っています。

リクライニングチェア

休憩したい時にはリクライニングチェアのコーナーがお勧めです。今年のイベントではクロークのあるホールにありました。
ただし、たくさん用意されているのですが丁度休みたい時には空きがないことも多かったです。

マッサージブース

ライヴを見るときはほぼ立ちっぱなしなので疲れてしまうことも。。
そんな時は10分1,000円でマッサージを受けられます。
複数日の参加の方など利用されてみては如何でしょう。

最終日はイベント終了まで営業していて自分は昨年大変お世話になりました(^^;)

リストバンドはすぐ着ける!なくしたらインフォメーションへ

会場内ではリストバンドを提示する機会はないので良いのですが、複数日の通しチケットの場合は翌日以降入れないことになってしまいます。まずなくしてしまった際には「素直になくしてしまった」とインフォメーションに伝えに行ってみましょう。

自分自身恥ずかしながら入場してすぐにリストバンドを紛失した経験があるのですが…インフォメーションの方たちに神対応をして戴いたことがあります。詳細は書けませんが、どうにかなるかもしれませんよ。

まとめ

事前準備を済まして現地についたらリストバンドをしっかりつけフェスを楽しみましょう!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
年末年始の一大フェス、CDJ2014/15が始まりました。
出演ミュージシャンのパフォーマンスを楽しんでおります!

【週末・休日の一日一新】
12/26 THE GOOD SCRAPで買い物
12/27 ガソリンスタンドで灯油購入
12/28 もちもちポテトを食べる。

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼