Excelで複数のセルの内容を結合する CONCATENATE(コンカテネイト)関数

税理士をしている職業柄、Excelの入出金データを頂くことが多いです。

良くあるデータとしては次の様な日付や金額、相手先や内容が書かれたもの。

2016 02 26 20 13 20

Excelファイルとしてはすっきりしているものの、会計ソフトのデータとして取り込むために相手先と内容(C列・D列)について、ひとつのセルにまとめることがあります。

そこで今回はExcelで複数のセルに入力されている文字をひとつのセルに結合する際に使う関数をご紹介します。

CONCATENATE関数でまとめる

利用する関数はCONCATENATE(コンカテネイト)、利用法は至ってシンプル、結合したいセルを指定し(,)カンマで区切り括弧で括るだけです。

2016 02 26 20 21 55

ここではC2に入力した『(株)○○』とD2に入力した『食材』をまとめます。

入力した関数は『=CONCATENATE(C2,D2)』。表示結果は『(株)○○ 食材』と表示されます。

2016 02 26 20 28 00

あとがき

今回利用した関数、CONCATENATE(コンカテネイト)以外にも、欲しいデータに作り替える関数や技術ってあるものです。

取りあえずで手入力をする前に、楽に出来る方法がないか考える・調べるクセをつけておくと良いですよ。

関連エントリーはこちら

エクセルで行う金額単位サンプリングのやり方

Excel入門セミナーに参加。土台となる基礎が大事

Excelで ひとつのセルの内容を空白ごとに分ける blog検索キーワードを整理する場合

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

気になっていたToodledo、
いきなりは導入はハードルが高くアプリのみ用意。

少しずつでも活用していきたいと思います。

それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

三鷹駅 お忘れ物承り所

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼