ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015、ライブが特に楽しかった2組を紹介

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015、4日間の開催が全て終了しました。

3EC344FE-CA45-4FE8-9C30-5A850B341514

そこで4日間参加した自分の目線で初日・二日目の前半戦と三日目・四日目の後半戦を分け、それぞれ一組ずつ特に楽しかったライブをしたアーティストをご紹介します。

知的なメガネに騙されてはいけない。とても激しい『夜の本気ダンス』

初日・二日目の前半戦で特に楽しかったのは『夜の本気ダンス』のライブ。
夜の本気ダンスは京都で結成されたバンドで米田貴紀(Gt/Vo)、町田建人(Gt)、マイケル(Ba)、鈴鹿秋斗(Dr)の4人編成のメンバーからなります。

実は他のアーティストのステージを見に行こうと移動をしていた際、たまたま近くを通りかかったことがライブを見るきっかけ。ボーカルの米田貴紀さんはメガネにネクタイをつけたYシャツ姿で知的な印象なのですが、意外なことに一曲目から激しいダンスナンバー、はじめは一曲だけのつもりが気がつけばステージから目が離せずつい最後まで見ておりました。

これからは夏フェスといえば彼らが欠かせない。そんな予感がするバンドですよ。

会場を盛り上げるくまのDJとダンス、攻めのアイドルグループ『あゆみくりかまき』

三日目・四日目の後半戦で特に楽しかったのは『あゆみくりかまき』のライブ。

あゆみくりかまきのオフィシャルサイトによるとグループについて次のように説明されています。

歌うたいの「あゆみ」と、DJ の「くりか」、盛り上げ役の「まき」のくま3頭からなる「あゆみくりかまき」。

くま3頭のアイドルグループとかなりの奇抜さなのですが今回印象に残ったのはそこが理由ではありません。

あゆみくりかまきのライブの魅力はDJとオリジナル曲を織り交ぜたステージです。DJの選曲には出演時間が被っているミュージシャンのものもあり攻めの姿勢が伝わってきます。また、全力で歌い、ダンスし、オーディエンスを煽る姿に男女関係なく会場が一気に盛り上がりました。

一度ライブで見てみると伝わる魅力が彼女達にはあります。一押しのアイドルグループですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

読み終わった本を大量に処分

ごっそりと整理をしてきました。

【昨日の一日一新】

8/11 一方的に知っていたAさんとのやりとり

一日一新のきっかけはこちら→一日一新