ストレングス・ファインダー、どきりとさせられた<責任感>の資質を持っている人への配慮の内容

先日おこなったストレングス・ファインダーで自分の資質の診断結果を受け

「ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう」を読んでいたところ、責任感の資質の記述にどきりとさせられる内容がありました。スクリーンショット 2015-01-22 22.17.08

<責任感>の資質の説明

そもそも<責任感>の資質とはストレングス・リーダーシップでは下記のように説明されています。

<責任感>の資質にすぐれた人は、自分がやると言ったことはどんなことでもやり遂げようという強い気持ちを持っています。この人は、誠実さや忠誠のあるような不変的な価値を大切にします。

どきりとさせられた<責任感>の資質を持っている人への配慮の内容

この本は優れたリーダーになるために必要な自身の強みを知ることに重点を置いています。

その本の中で<責任感>の資質を持っている人への配慮の記載があり、
「チームの中に責任感のない人がいるようならできる限り接しなくてもいいようにすること」が挙げられています。

自分自身の本質としてこの考えを意識しています。

監査法人の中で年次を重ねチームを監督する立場になった際、守屋冬樹個人として独立をするきっかけになったことでもあります。

ふと振り返ってしまい、どきりとさせられました。

こちらの本、自分自身の思わぬ気づきがありますよ。


|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
力の抜きどころという本を読んでおりました。
本のタイトルのイメージ通りのイラスト、なんともいえない味わいが素敵です。


【昨日の一日一新】
1/21 Iさんと仕事
一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼