フリーランスも会社員と考え方は同じ!給与が上がる時間のつかい方

会社員もフリーランスも考え方は変わらないと感じた、

井ノ上陽一さんの著書『毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!』を読みました。

EA0BD391 C569 42B1 9D02 DC8BC9873A16

この本の著者、井ノ上陽一さんとは?

こちらの本の著者、井ノ上陽一さんは税理士でありながら、3200日以上連続更新されているブログEX-ITを運営、本の執筆や、セミナー、コンサルをし、トライアスロンの大会に出る…傍目には4、5人いるのでは?と感じるような行動をされています。

そんな井ノ上陽一さんが書いた時間術の本には行動に裏付けされた時間に対する意識や取り組みが詰まっておりました。

時間に対する意識と取り組み方を知る

こちらの本から学べるのは『自身の力を伸ばし、お金を稼ぐ時間に対する意識と取り組み方』。

効率的に時間を使い、自らの力を伸ばしていくことは、環境が変わっても稼いていくために必要なこと。会社員もフリーランスも考え方は同じですよね。

本書は「セイゲン・ズラシ・カソク」の時間術をつかって「お金も時間もある」状態を目指す本です

と背表紙に書かれています。コツコツと工夫を積み重ねて「お金も時間もある」状態を目指す方法が書かれています。

取り入れた『時間の減速・ブレーキのかけ方』

自分がこの本を読んで新しく取り入れたことは『時間の減速・ブレーキのかけ方』です。

自分自身は割と生真面目だと自覚していて、つい、後もうちょっとと休まず働いてしまう。その結果、以前体調を崩してしまったこともあり、本の中で紹介されていたポモドーロテクニック(25分集中→5分休憩)と、そのための時間管理アプリを使い始めました。

今はまだ時間を区切り、定期的に休む時間の使い方を身体で覚えようと試行錯誤していますが、3ヶ月後には今取り組んでいることが当たり前になっている状態を目指しています。

コツコツと積み重ねて焦らずに「お金も時間もある」状態を目指して活きます。

あとがき

こちらの著書は井ノ上さんが実践しているからこそ説得力のある本です。お値段以上の価値がある本ですよ!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は事務対応と引き続きのPC対応。

ふと気になったのは仕事の時に使っている時計のこと。
ネジを巻くタイプなのですが…正直面倒と感じるように(^^;)

ウェアラブル端末の時計にとても惹かれています。

また来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

コメダ珈琲 蜂蜜コーヒー

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク