飛行機に乗り遅れないように気をつけていること

社会人になってから出張や旅行で年に数回は飛行機での移動をするようになりました。

そこまで頻度は多くない飛行機移動なのですが…恥ずかしながら乗り遅れてしまったことが過去に2度程ありまして、もう同じ轍を踏んではなるものかと決めていることがあります。

そこで今回は、飛行機に乗り遅れないためにしていることを記事にしました。

旅行のチェックリストを用意、前日までに荷造りを済ませておく

事前に持ち物をチェックリスト化しておくと、荷造りの準備も手早く終えることができますし、忘れ物を防げます。

たとえば以前から出張での持ち物をEvernoteでリスト化、飛行機に乗る度に見直しつつ使っています。

(こちらは自身の出張時持ちものリスト 一部)

また、持ち物のリスト化だけでなく、荷造りも前日のうちに済ませておくのも大切。自身が過去に飛行機に乗り遅れたのは前日のうちに荷造りが終わらずに忙しなく深夜に荷造り。

睡眠時間が少ないけれど無事に起きれるのか不安に感じていたら飛行機の時間を寝過ごしてしまったということが…まぁ起こるべくして起きた失敗ですね^^;

余裕のある時間帯のチケットを確保する

普段から空港に行く機会が多い訳ではなく、多少のトラブルも想定して移動時間は余裕を持って行動しています。

慣れない場所でのトラブルは起こりがちですし、変に焦ってしまわないように時間の余裕を用意。平常心でいるためにも時間の余裕は必要です。

飛行機に乗る時間は金額よりも都合の良い時間帯のチケットを確保、料金が多少高くなってしまっても乗り過ごすより良いですし、安心料の分だけ高くなると思っています。

特に帰路に注意が必要で自身は出張から帰る飛行機に乗り遅れた経験がありました。

業務量が多い出張先で、予定された仕事をやりきり気が抜けてしまい、空港までの移動時間を読み間違えてしまったのです。

もう5年以上も前のことですが、自費で改めて帰り移動手段を手配した時にはなんともやるせない気持ちでしたので、余裕のある時間帯のチケットを確保することも忘れないようにルール化しています。

実は本日は出張のため飛行機で福岡に来ていて、「帰りの飛行機に乗るまでは気を抜かないようにしなければ!」とこのような記事を書いた次第です。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は午前中に事務対応、
午後から高田馬場で打ち合わせなど。

やっとiPhoneからAndroidへの移行もひと通り終了!
mate9使い倒していきますよ。

【昨日の一日一新】
カフェドクリエ 高田馬場店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼