過剰な読書は必要十分に抑え行動に変える! ACTION READINGを読んで

赤羽雄二さんの著書、『アクション リーディング 1日30分でも自分を変える“行動読書”』を読みました。
自分は読書が趣味で昨年は281冊、今年は昨日付(2016/05/30)時点で167冊の本を読んでいましたが、こちらの本がきっかけで自身の読書感に変化を促す一冊となりました。

IMG 6039

本の読み過ぎに言及 読書は必要十分に抑え行動の変化を求める

こちらの本では本の読み過ぎについて本の著者としては勇気がいる言葉が書かれています。

一定水準までは本を読むべきだと思いますが、それを超えた後は、本を読むことを制限して、むしろ「行動」につげることが大事だと思います。

インプットである読書が過剰になっていれば抑え、アウトプットである行動に力を注いでいくというメッセージは読書と行動の割合について改めて考える機会に…

恥ずかしながら率直に書きますと…自分は本の読み過ぎと自覚しています(>_<)

読書好きが積読本を産まないための基本方針

そんな自分でも積読本はあるもので、積読本が滞留することの戒めとして自分に響いたフレーズをご紹介します。

「買ったら読め、読めなければ買うな」

本の著者の方がこのことを書くのは勇気がいることです…貴重な忠言に感じまして『読めない本は買わない』を、自身のやらないことリストに追加しました。

読書から行動へ

自分自身、気がついたら本を読んでしまうタチでつい必要以上に多読してしまいます。けれどその過剰な読書が行動を妨げてしまってはダメですよね…

読書意外にもやりたいこと、やらなきゃいけないこと沢山あります(^^;)

本から学ぶ意味や行動につなげるということを改めて考え、自身の変化に繋がるきっかけになりました。

関連エントリーはこちら

著者である赤羽雄二さんのワークショップに参加した際の投稿はこちら。

「即断即決、即実行トレーニング」ゼロ秒思考 赤羽雄二さんのワークショップに参加

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
気が抜けたのか疲れが抜けず体調回復を優先する一日。
身体管理は日々行うものだと反省しつつ
医療費控除の投稿をしておりました…(^^;)

【昨日の一日一新】

西荻窪の喫茶店 それいゆ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼