AIセミナーに参加して、まずは身近なものからと音声操作できるLED照明を購入してみた

数年後の当たり前をちょっとずつでも意識して、身近な範囲から新しいサービスや便利な道具を使っていけたらと感じています。

関連:

Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション スターターセットを購入

先日から使い始めたのはPhilipsのHue LED照明のスターターセット。 Google Home miniと連動させる音声操作を試してみたいと購入しました。

「ねぇGoogle電気を付けて」と言えば電気が付き、「ねぇGoogle電気を消して」と言えば電気を消せる操作感は使ってみてベッドから出ずに操作出来るのは何とも楽で、眠い時は一歩も動きたくない自分にはその便利さと圧倒的な魅力を知ることに。

購入したのは照明の色が白色のリーズナブルなスターターキット。単に電球と考えると高い気もしなくもないですが…少し前に購入した食洗機より安かったですし、その性能を考慮すれば比較的手が届きやすい印象かと思っています。

実際に操作している様子は見たほうがわかりやすいと思い、今回は動画もつけてみました。

音声操作出来るLED照明を購入はAIを活用する感覚を養うため

今回なぜ音声操作出来るLED照明を購入に踏み切ったのかといえば、人工知能(AI)セミナーへの参加が決め手となりました。

AIについてどういったものに活用されているのか? 今後いつどの様な形で活用されていくのか?など気になっていて受講したのですが、現在でも翻訳や文字認識、野菜の仕分けなど、これまで人がおこなっていたことも機械の守備範囲に、さらには人ならではのものと思っていた創作の世界までAIが得意分野と聞きとても驚いたのです。

そういえばこの数年でGoogle翻訳が進化して写真に写っている外国語も日本語に出来るようになっていたけれど…そういった出来事もAI技術の進歩と気づき、これまでの当たり前が当たり前でなくなってく時代もすぐそばまで来ているのではと思ったのです。

今はAIと言われてもAIスピーカーや将棋や囲碁ぐらいしかイメージ出来ていなかったのですが、きっと意識するかどうか関わらずAIが活用されていく範囲が広がっていくのだろうと感じます。

自分自身はAIで何かサービスを作ることは想像出来ませんが、そういった技術やサービスを活用することでそのメリットを得られることは十分可能だと感じていて、その活用する能力を養っておく意味もあるのかな?と、音声操作が出来る照明を購入してみたのです。

意識の変化を少しずつ取り入れていく

これから先、どれぐらいのスピードでAIが活用されて仕事や生活が変わっていくのか分からないけれど、アナログはデジタルに置き換わっていくでしょうし、手作業で行っていたものは機械に置き換わるようになっていく流れは顕著になっていくはずで、現実味をもって意識していかないと、と感じたのです。

昭和生まれの自分としては小さい頃からこういったサービスを当たり前にしていくこれからの世代とのギャップは大きいはずで、今後もAIを活用しているサービスや機器について無理のない範囲で取り入れていけたら良いのかなと、思っています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨年末からやることが集中していたのですが、
確定申告でひとまず収束を迎えました。

4月を前にやることも多いですし、気持ちを切り替えていきましょう!

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク