小さいならではの戦い方を再発見『Amazonに勝てる 絶対ルール 売上げをアマゾン、楽天に持って行かれてたまるか!』

『Amazonに勝てる 絶対ルール 売上げをアマゾン、楽天に持って行かれてたまるか!』という本を読みました。

698452CC-7982-45AD-992F-E9B628253FD6
なにか商品を知り「これ欲しい!買いたい!」そう思った際に自然とAmazonで検索。

そんな方もいるのではないでしょうか。購入者側からすると

・多種多様な商品がある
・値段は安い
・早く届く

とても便利です。

自分は普段、個人事業や中小企業に関わって仕事をしていますが
Amazonで販売している商品の値段設定や品揃えから実店舗販売店の厳しさを感じています。

単純なモノを提供する。
その点だけではAmazonに敵わないでしょう。

ですがこのお店だからお客様が足を運ぶ。
・お店の営業方針
・センスのいい品揃え
・店員さんの人がら
・アフターサービスの良さ

そういった惹きつける力もあります。
この本から小さいならではの戦い方があるのだと再発見させられました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

駅のホームでおばあさんに話しかけられ
住職さんですか?との質問。

見た目からそう思われても仕方ないですが

急に話しかけらること、その内容に驚きです!

【昨日の一日一新】

3/9 カフェベローチェ阿佐谷店に入る

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼