公認会計士受験生時代の就職活動 若ハゲ、薄毛の自分が悩んだ髪型について

高校生時代から髪が薄く、20代前半で立派な若ハゲ、今は30代前半ですが十年前には今の見た目が完成しておりました。長い友達と書いて髪という漢字は出来ていますが、残念ながら自分の場合は違ったようでアイキャッチ画像の20代前半で既に現在とほぼ同じ丸坊主スタイル。

今は公認会計士試験の受験生が就職活動をしている季節でして、今回は若ハゲの人がどんな髪型をしたら良いのか、若ハゲ・薄毛というコンプレックスを抱えた自分がどう就活をしていたのか記事にしてみました。

髪を刈るか刈らないか

自分が就職活動時に一番悩んだのが、就職活動をする前に自身がどんな髪型にすればいいのかという点でした。正直なところ、就職先をどこにしようかは自身の感性でえいやで決めていて、そんなことよりも若々しさ、フレッシュ感のない自分がどうまっとうなリクルート活動をする見た目を取り繕うかと悩んでしまったのです。

公認会計士試験の受験勉強をしていた期間についてはずっと丸坊主にしていたのですが、

  • 就職活動時には流石にマズいのでは?
  • 地肌が見えたとしても少しでも髪の毛を伸ばしておくべきなのでは?

と、今では笑って言えてしまうことですが当時はわりと真剣になやんでしまっていたのですよ。

長考の結果、就活生たるもの髪の毛は伸ばすべきではなかろうかと実際に少し髪の毛を伸ばして証明写真を撮ってみたところ、清潔感がなかった薄らハゲスタイル…頭皮にうっすら髪が生えている自身の姿はなかなか残念なもので、最終的にはもう面倒と床屋さんで5厘(ゴリン)に刈ってもらい坊主姿で就職活動に挑んでいます。

毛髪の長さは2ミリほど、ぎりぎりスキンヘッドではない状態、一度刈ったら髪はなかなか伸びませんし、この状態でやってやると思うしかなく、髪と共に退路を刈ってしまいました。学生時代の運動部で気合い入れるときや反省するときは良くしていたので、そのノリです^^;

それにこのことで開き直ってしまった部分もあります。禿げている中でどのように自分を見せていくのが良いのかを考え選んでいく事が大切だと考えたのです。もうこの姿でやり抜くしかないのですから!

ちなみに自分は刈ることを選びましたが、髪の毛の状態ひとつで不安に感じるのであれば、どちらの姿の方が就職活動に自信を持って挑めるのかどうかで髪型を選んではいかがでしょうか。

おすすめはしませんが本人が納得しているのならカツラだってありだと思いますので。(偽った姿で挑んでも、いつかカミングアウトするタイミングが来るのではと思いますが…)

ボウズ頭での就職活動 悪目立ちするのでは?

ボウズ頭だと悪目立ちするのでは?と心配していたのですが、自分の場合には髪を少し伸ばしたところで薄らハゲ…どっちもどっちで大差はないと割り切りました。

また、悪目立ちしてしまう特徴であっても裏を返せば良い意味でも目立てます。ボウズ頭の自分は質問ひとつしなかったとしても、座っておけば勝手に目立てるのです。

禿げている人は見た目に特徴があるのでプラスアルファで最前列に座って一番偉そうな肩書の方に質問をしてみたりしておけば周囲の印象に残り名前を覚えて貰いやすいのは良い点なのですよ。

公認会計士業界の定期採用についてはみんなが同じ『公認会計士受験生』。比較が出来るのは経歴や能力、受け答え、見た目ぐらいなもの。

(富士山本八合目での輝く一枚)

自分は『高卒で会計士を目指していること』、『パソコンが好き(IT監査興味あり)』、そして印象に残りやすい『ボウズ頭の見た目』の3つだけを頼りに就職活動をし、大手二つと中堅の監査法人ひとつの内定を頂けました。

禿げているという特徴はキャラクターとして印象に残る強い武器です!印象にも残らないその他多数より有利に戦うことが出来るキラ星の様に輝く個性だと自覚しましょう。

あとがき

後から振り返ってみると受験生時代は公認会計士はお堅い職業というイメージがあり必要以上に不安を抱いていたと思います。

ただ、別に丸坊主ぐらいの髪型は問題になりませんし、周囲を見渡してみると毛根は元気そうな方でも自分と同じボウズ頭のお仲間が増えてきているのです。

丸坊主だからという身体的な理由で内定が貰えないということはありません。仮に落ちていたとしても他の人の方が良い人材であっただけ、己のハゲが原因ではありません。

ハゲつつも就職活動をされている方、同じ経験をした者として応援しております。毛根は残念かもしれませんが希望の就職先での内定はゲットしていきましょう!

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

高卒で公認会計士 目指す前に知っておいて欲しいこと
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

若かりし頃の不安を今になって再利用(^^)

若ハゲを受け入れている自分は将来禿げる不安なぞ皆無!

今回の記事は自分ならではの投稿が出来たではないでしょうかw

【昨日の一日一新】
和むらさき プッチンプリン

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼