Blackout stickerでMacBookPro2016のキーボードを無刻印化 使用してみた感想

MacBookPro2016についてキーボードを無刻印化するブラックアウトステッカー for Mac 16mmを使っています。
IMG 20170203 202630

(ブラックアウトステッカー貼り付け済み MacBookPro mate9で撮影)

使い始めて約2カ月経ち、おすすめできると感じたので今回ご紹介します。

ブラックアウトステッカーはブラインドタッチの矯正器具

ブラックアウトステッカーをキーボードに貼ろうと思ったのはローマ字入力だけでなく親指シフトでもタイピングを出来るようになろうと決意したことがきっかけ。

関連投稿:親指シフト習得再開シリーズ7~練習1カ月でのタイピング動画を公開~

ローマ字入力と親指シフトではキー配列が異なるので、ならばいっそのことキーボードの文字を全て消してしまいローマ字入力でのブラインドタッチの精度を上げる他、親指シフトについても手元を見る癖をつけないようにと考えたのです。

ブラインドタッチを出来るようにするためには手元を見ないでタイピングをすることが必要と言われていますが、ブラックアウトステッカーをキーボードに貼り付けてしまえば意識している、していないに関わらずキーに書いてある文字を目で追いかけてしまうことは出来ないようになります。

自分としてはブラックアウトステッカーはブラインドタッチ習得への矯正器具の一環として使い始めたのです。

ブラックアウトステッカーを貼り付けて分かったこと

ブラックアウトステッカーをキーボードに貼り付けてからの数日はタイピングをすることにかなり戸惑いました。

ブラックアウトステッカーを貼り付ける前はブラインドタッチについて自分は出来ていから対した影響はないはずと思っていましたが記号や数字キーについてはキーボードを見て入力していたのだと気づき、改めて自身のパソコンがどのようなキー配列となっているのか確認、ホームポジションや指使いについても意識を向けるようになりました。

キーボードを無刻印化することで出来ていなかったことがはっきりしたのです。

それとタイピングには全く関係ない事としてはキーボードを無刻印化していることが珍しいからか、このパソコンを使っていると周囲から驚かれることもしばしば、きちんと使いこなせれば一目置かれるのではとも感じます。

無刻印だと暗証番号の入力間違いには気を遣う

無刻印化してからある程度の時間が経ち、キーボードの文字が見えなくても以前と同じぐらいにはミスタイプが無くなっていますが、それでも暗証番号の入力の際には未だに気を遣うのが正直なところです。

セキュリティ対策のため間違った暗証番号を一定回数入力してしまうとロックがかかってしまうサービスなどもありますので、念のためブラウザの検索窓などに一旦暗証番号を入力して確認、コピーして貼り付けています。

ステッカーが丈夫に出来ていて剥がれにくい

当初はステッカーということもあり、すぐに駄目になってしまうのではと思っていたのですが、嬉しい誤算でブラックアウトステッカーは丈夫に出来ています。毎日の様にパソコンを使っていますがステッカーが剥がれてしまうことや破れてしまうことはありませんでした。

まとめ

MacBookの無刻印化はブラックアウトステッカーを貼ることで簡単にできます。もしブラインドタッチの精度を上げたい、パソコンの見た目を変えたいという方は試してみる価値がありますよ。

なお、ファーイーストガジェットのサイトではキーボードの配列の一覧表が壁紙としてダウンロード出来るようになっています。

スクリーンショット 2017 02 03 16 28 37

キー配列の記憶に不安がある間は壁紙に設定しておくと何かと安心です。

MacBookのJIS配列とUS配列で適応商品は違い、MacBookPro2016(JIS配列)の対応商品はこちらで

MacBookPro2016(US配列)の対応商品はこちらとなっています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は日中にマネーフォワード クラウド会計のデータ加工や
親指シフトのタイピング動画をアップロードするなど。

こだわらなければYouTubeへ簡単に動画を
のせることが出来るのですね。

それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】
YouTubeへiPhoneSEで撮影した動画をアップロード

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼