Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)から感じた特別感

コーヒー界のappleと言われ話題になっていたブルーボトルコーヒー
実際に行ってみると他のコーヒーチェーン店にない特別感がありました。

FullSizeRender

お店は焙煎機や豆が置いてあるスペースが広く使われているレイアウト、
美味しいコーヒーを提供することへのこだわりが現れております。

注文する際には名前の確認があり、注文を受けてからコーヒーを煎れていくスタイル。

注文した品が出来上がると名前を呼ばれ、ひとりひとりに対してコーヒーを提供する意識を感じられました。

FullSizeRender
今回注文したのはSINGLE ORIGIN、香りがとても良く美味しかったです。

IMG 3633

他のチェーン店との違いが際立つお店、一度行ってみてはいかがでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

お金を稼ぐということについて年上の方とお話しする機会がありました。

自身のために時間とお金を投資できる環境にあることの有り難さを改めて実感しました。

【昨日の一日一新】

2/25 セントーサ(野菜のケーキ)を食べる

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼