メインPCをSurfaceLaptopに、生産性を高めるためにMacBook Proからの移行

先日のこと、メインPCとして使っていたMacBookProが操作を受け付けない状況になり、SurfaceLaptopを購入することに。
今回はメインPCに求めたことについて記事にしています。

どんなにお気に入りのパソコンでも寿命は来るもので、買い替え頻度やメインPCとして優先事項を意識しておくことが大切だと実感しました。

関連:

お気に入りのパソコンでも長く使っていればトラブルは増えていく

自分が使っていたメインPCはMacBookPro2013年モデル。当時のものとしてはフルカスタマイズ版なのでスペック的には未だ現役。
キーボードや接続端子類も使い勝手が良いものが揃っていたので、一度はMacBookPro2016にメインPCを移したものの現役復帰させていたほどの愛機となっています。

ただいくら想い入れのあるパソコンでもこれまでにディスプレイやバッテリーの交換、徐々に寿命が近づいていたように思います。今回サポートに持ち込んだところロジックボードの不良があることが判明し、修理を諦めてメインPCから引退させるきっかけになりました。

パソコンも数年間使っていればトラブルも増えていきます。バックアップこそ取っていたものの、もう少し早く別のパソコンに世代交代をさせておけば良かったなと反省しています。

今回のことをきっかけにたとえ気に入っているパソコンでもメインPCなら長くても二年ごとには交換が必要だと実感しました。

メインPCにSurfaceLaptopを選択、MacBook Proを選ばなかった理由

これまでメインPCはMacBook Proを使っていたので、同じMacBook Proの新しいモデルを購入しようかと思っていたのですが、今回はSurfaceLaptopを購入しています。

MacBook Proは2016年モデルから大きく仕様変更

MacBook Proは2016年モデルから大きく仕様変更。気に入っていたキーボードのキータッチは変わってしまっていますし、接続端子はUSB-AやSD、HDMIも排除してUSB-Cへ移行されています。

USB-AはUSBメモリでのデータのやり取りやe-Taxをする際のカードリーダーなどに未だに使う機会が多いですし、メインで使うノートパソコンには備わっていた方が何かと便利なのが自身の実情です。

MacBook(Pro含む)については以前よりも薄く・軽くなって洗練されているのですが、使い方とマッチしておらず回避することにしています。

関連:

SurfaceLaptopを選んだ理由、必要十分なスペック、キーボードの相性やデザイン性が良い

今回メインPCにSurfaceLaptopを選んだのは必要なスペックが備わっていてキーボードの相性が良くデザイン性が気に入ったから。

購入する際にはまずスペックを重視、CPUは第 7 世代 Corei5-7200U。メモリは8GB、SSDが256GBのものを選んでいます。接続端子にUSB-Aとmini DisplayPortが備わっていたことも必要十分だと思い購入に踏み切っています。

キーボードの配列やキータッチについて以前のメインPCとして使っていたMacBook Proに近かったことも惹かれたポイントです。いくらスペックやコスパが良いパソコンでもキーボードの相性が悪いと使いにくいので案外重要だと思っています。

SurfaceLaptopのデザイン性も気に入っていて他にも2つPCを持っていますが、利用頻度は比較的多いです。WindowOSは更新が多くてなかなかしまうことが出来ないイメージが強かったのですが今のところ支障はありません。

カラーについてはグラファイト ゴールドを選択。売却時の値段を調べてみるとグラファイト ゴールドのみ他の色に比べて買取価格が数千円高かったことやアルカンターラというキーボードの素材について汚れの目立ちにくいかなと思って選びました。

ちなみにディスプレイは光沢のあるタイプなのですが、数字を扱う仕事ということもあって非光沢のほうが何かと使いやすいです。そのためミヤビックスの反射防止の液晶フィルムを取り付けて使っています。

仕事道具はこれから先の使い勝手・生産性を重視する

今回のトラブルにあった際に手間を掛けずにパソコン環境を構築するのなら、修理を依頼したり新しいMacBook Proを購入しておけば良かったと思います。バックアップがあるので復元をかければすぐに元の仕事環境に復帰できますので。

ただ、実際に仕事に使っていく仕事道具としてどうかといえば、トラブルの発生頻度が高かったり、使い方が合わないため不便に感じることが多いだろうなと容易に想像できてしまいました。

だからこそ、この機会にえいやとSurfaceLaptopに仕事環境を移行しています。生産性を高めていくためには仕事道具はこれから先の使い勝手が最重要だと思いますからね。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
MacからWindowsへのデータの移行手続はとても面倒でして
EvernoteやGoogle Drive、Dropboxなどのクラウドサービスのありがたさを再認識。

ちなみにクラウド~と名前についているのにライセンス移行料が掛かる税務ソフトもあって
「ちょっと本気っ^^;?」とツッコミつつも対処していました…

インストール型のソフトとは適度な距離感が必要だと実感した次第です。

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼