VPNで規制回避 中国でのネット環境を整えるための準備

今回初中国を体験。以前から中国ではfacebookやtwitterなどのSNSに加え、Gmailが規制され使えないと耳にしておりました。

自分が率直に感じていたのは『ネット環境が日本と違い普段通り使えないのではという不安』

そこで日本にいるうちにしていた、中国でのネット環境を整えるための準備について投稿します。

FullSizeRender

(写真は経由地 香港国際空港)

ネット環境を整える理由 慣れない外国でのネットは備え

なぜ、外国にまで行ってネットのことを気にするのかというと、外国でこそネットの活用する機会が多いと感じているからです。

自分は昨年、スペインにひとり旅を経験。その際には、現地の言葉が苦手でも旅を進めるための材料としてネットの活用が重要だと実感しました。

交通手段、お金、お店を調べるほか、トラブルの対処するため備えにもなります。

今回の中国旅、現地の言葉である中国語は8時間習ったことがあるだけ。言葉がほとんど使えないものの多々行動をする予定はあり、手元にある本の情報だけではどうして良いのか分からないことが起きても大丈夫なようにしておくことが必要です。

 

VPNの準備し中国のネット規制を回避できるようにする

まず中国に向かう前に日本で行った準備はVPNのサービス、セカイVPNと契約したこと。
VPNを使うと中国にいても中国以外に設置したサーバーを経由してネットに接続でき、規制を回避することができるというもの。

日本にいる間にiPhoneの設定変更とMacにアプリを導入・設定を済ませておきました。

効果のほどは実際に中国に行ってみないと分かりませんが、60日間の無料体験期間があったのでとりあえずで契約をしています。

wifi環境の準備 グローバルwifi

次に用意したのは海外で利用できるwifi端末のレンタル。グローバルwifiを契約。

行ったことのない場所の場合、現地のwifiが利用できるものかどうか分かりません。ホテルでwifi利用可と書かれていても、実際には速度が遅く使い物にならないこともあります。

今回契約したレンタルサービスは一日500円掛からず利用できるもの。短期間の利用、安心して使えるネット環境を用意できるのであれば対費用効果は高いと感じます。

あとがき

事前にネット環境を準備しておくと、現地の言葉に不慣れでも様々なことが調べられます。行動を後押ししてくれるネット環境、準備しておくとかなり安心感が得られますよ。

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は名古屋で仕事の仕事を終えて、出国。
香港国際空港に向かいました。

ネットが無事に繋がり、まずはひと安心しています(^_^)v

【昨日の一日一新】

名古屋で味噌煮込みうどんを食べる

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■moriya-blogは、次の方法で購読できます。
・Facebookに更新情報が流れます。

・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly