Chromebookのオフ会に参加してみたら思いのほか濃いやり取りに発展した件について

3月の半ばに12月決算の対応や確定申告も一段落して参加したのはChromebookオフ会。

Chromebookはgmailのアカウントと紐付いた気軽に使えるパソコンでして、その気軽さが好きで自分はプライベートで使っています。
昨年は自身もChromebookのオフ会を主催していましたが、多々やることが重なっていて今年は主催できずにもどかしい思いをしていました。そんななか、おふぃすかぶ.jpLife Style Imageのサイトを運営している鈴木 章史さんがChromebookオフ会を企画。

主催の鈴木さんに感謝しつつ今回参加させていただきました。

オフ会ですので、お茶をしつつライトにやりとりをしていたのですが、その中でふいに緩やかな繋がりについてや、これから先の時代について考えることがありまして今回記事にしています。

関連:

趣味というゆるやかな共通点をきっかけに、予想外の話題や密度の濃いやり取りに

今回のオフ会は日曜の渋谷で開催されていて自分を含めた参加者は5名でした。直接面識があるのは主催をされている鈴木さんだけだったのですが、Chromebookというニッチな趣味ということもあり、他の参加者の方々をそれとなく知っていたのです。

今回当日を前にGoogleスプレッドシートで情報を共有や(自身は失念していましたが)ハングアウトでやりとりをしていたため初めてお会いしても、何気に親しみがあるもので、穏やかにお話させていただいています。

お互いの共通点こそChromebookですが、話していた内容は本当に様々で

  • 音楽についてCDを聴く機材がない人も多いこと
  • それぞれの好きなガジェットについて(カメラやポメラ、キーボード、スタイラスペン、デジタルペーパーなど)
  • 確定申告やe-Taxに思うこと
  • 家計管理について
  • ASUSショップの感想
  • オフ会を主催する際に感じていること
  • Google+のコミュニティーChromebookの話をしよう。 に思うこと
  • ガジェットのレビュー記事に思うこと
  • 以前参加したChromebookセミナーについて
  • Googleのサービスに触れて感じた元SE目線のお金を得ることの難しさ
  • AIの進化について
  • 学校教育でITを活用しておく意味
  • 子供に持たせるPCを何にするか?
  • 学校向けサービス、classroomを使ってみる。

など、

振り返ってみると昼下がりのカフェでのやりとり、ましてや初対面での場で濃いやりとりをしていたなと感じます。

以前は他の人達がChromebookをどの様に使っているのかに気になってオフ会を開催・参加していましたが、職業や年齢、考え方が様々だからか、予想のつかない話題や思いのほか密度の濃いやりとりになることに気づき、そういった意外性もこのオフ会に参加する楽しみの一つになっています。

特にChromebook好きの方たちは穏やかな人が多い気がして安心感もあるように思いますしね。

小さいうちからIT機器に触れておくことの意味を考えてみた

様々なやり取りの中で今回特に印象に残ったのはGoogleの学校向けサービスを使ってみた際のこと。

ClassroomというGoogleのサービスがあることを知り、せっかくだからと軽いノリでオフ会の参加メンバーで学校での利用を想定して課題を出し、採点をすることをシミュレーションしてみたのです。

使ってみて分かったのは学校でこういったサービスを活用できれば
  • 先生がテストや連絡書類の印刷や収集する手間が減る
  • 生徒の質問対応もスムーズになる
  • 休んでいる生徒さんにも連絡事項を伝えられる

というメリットがあること。
そしてその一方で現実的には導入する側である先生がPCが苦手だったらここまでスムーズにサービスを使えないし、導入も難しいかもしれないとも感じることに。

さらに話は発展していきITを活用できる学校とそうでない学校を比べてしまうと、通っている学生のITリテラシーは全く違う状態だから働き方も全く変わってくるかもしれないね、と…

比較的ライトな趣味の集まりの場なのですが、仕事の生産性・今後の教育なども真剣味ある話題があったのは興味深かったです。

あとがき

Chromebookから少し外れますが、最近になってグーグルホームminiとAI家電を連携して使い始めるなかで、より便利な手段があっても、これまでの癖が染み付いているからかうまく順応しきれていない感覚を味わっています。

関連:

今はスマホやタブレット端末も当たり前で、これから先どんなITサービスかは分からないけれど、小さい時にIT機器に触れている環境かどうかでこれから先の人生に大きな影響を及ぼしかねないし、そういったことも含めて学生を育てる環境が学校にあって欲しいな、とオフ会を通じて強く感じてしまった次第です。
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
桜が咲いていたり暖かくなったのは良いのだけれども
花粉症がきつく感じる今日この頃。

薬を飲み、マスクをしての完全防備で過ごしております。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク