Chromebookの魅力を伝えたいと寄稿「Chromebookのある それぞれの365日 Chromebook会報誌(Day2)」

自分がプライベートで愛用しているパソコンはChromebook(クロームブック)。このパソコンは認知度が低く利用している人は少なかったりします^^;

ただ、今はSNSなどで同じ趣向の方々とつながりやすく、先日Chromebook好きの有志でkindle書籍を作る企画に参加。「Chromebookのある それぞれの365日 Chromebook会報誌 Day2」に記事を寄稿していました。

こちらの本はKindle Unlimitedの対象でして、無料から読めるようになっていますので多くの方の手に取っていただきやすいかと思います。

自身が書いた記事のタイトルは『Chromebookの使い方~特徴を活かし、魅力を引き出す~』。一般的なChromebookの特徴に触れ、快適に使うための操作法やキー配列の設定、マインドマップ作成などをまとめています。

そこで今回はChromebookのことや、記事を書くきっかけ、Chromebook会報誌を読んでの感想など書いていきたいと思います。

関連:

Chromebookはシンプルなノートパソコン

ChromebookはGoogleが設計したOS、ChromeOSを積んだノートパソコンのこと。

GmailのアカウントでログインしWebブラウザのChromeを中心にした軽快な操作感と手ごろな価格、管理の手間が少ないことが魅力。Google製のOSを積んでいるためAndroidアプリにも対応しています。

WindowsやMacのように多様なソフトに対応している訳ではありませんが、もし自分が税務手続について仕事としていなければ、Chromebookをメイン PCに据えていたかもしれませんね。

公認会計士・税理士として仕事をする中でもPCのストレージ依存しないのはセキュリティ的にも有用だと思っていてGoogleドライブやGoogleスプレッドシートを使うことも多いですので。

関連:

会報誌への寄稿はChromebookの魅力をもっと知って貰いたい

パソコンやタブレットを使っていても「Chromebookって知らない。」「Chromebookって何ですか?」という方が多い印象です。

少なくとも自身の周りにChromebookのことを知っているのは学校関係者やガジェット好き、IT関係の方たちぐらいなもの。

パソコンといえばWindowsやMacが一般的、Chromebookは店頭で見かけることもほとんどなく、使い方に悩んだことをきっかけに勢いでオフ会を企画して直接他のユーザーの方たちに聞いて回っていたぐらいでした。

自分自身がChromebookに使い慣れだしてくると、もうちょっとこのパソコンが身近になれば必要な方たちにもその魅力が伝わるはずなのに…と思うように。

そんな中Chromebookについて会報誌を作る企画の存在を知り、愛用者のひとりとしてこの企画に参加。記事を寄稿させていただきました。

企画者の鈴木章史さん(@OfficeKabu)はChromebookについて数多くの記事を書かれているブログおふぃすかぶ.jpの運営をされている方で、Chromebookをきっかけに直接面識が出来まして微力ながら協力出来たらと思っていましたので。

関連:

Chromebook会報誌はリアルな日常感ある内容に

Chromebook会報誌は書き手それぞれがテーマを決めて寄稿し、一冊にまとめられたもの。

その内容は購入時の検討したことや、普段の使い方や利用している関連アクセサリ、便利さや悩ましさ、愛着ある道具として思い入れ、ここまで活用されましたか!?というものまで幅広いものでした。

よくあるガジェットレビュー記事とは違い、それぞれの環境でどのようにChromebookと接しているのか?そのリアル感が伝わる内容なのはChromebook会報誌の魅力だと感じています。

今回自身も書き手のひとりとして参加しておりますが、いちChromebook愛好家としてkindle書籍化を心待ちにしていまして、Amazonに公開された時にはすぐさまダウンロード。

本を読み進めつつ、Chromebookに魅力を感じている人がこんなにもいることが妙に嬉しかったですね。

企画していただいた鈴木さんにはChromebook会報誌Day1に引き続き、Day2の企画と出版のとりまとめありがとうございました。

もしDay3の企画がありましたら次も微力ながらご協力出来るようにと、少しずつでもネタを書きとめておきたいなと思います。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

好きなライトノベル作品、無職転生がアニメ化決定!

家族との絆が丁寧に書かれた剣と魔法の異世界ファンタジー、
映像化されるのを心待ちにしていたので楽しみです!

関連:

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼