クラウド会計を使う際に理解しておくこと〜クラウド会計活用の基本〜

クラウド会計サービスを使われているお客さまからのご相談対応では、クラウド会計の基本的な特徴を意識されていれば手間がかからず経理が出来ていたはずなのに…と感じることが多いです。

そこで、今回はfreeeやマネーフォワードなど、どのクラウド会計にも共通したクラウド会計を使う際に理解しておきたいことを記事にまとめました。

クラウド会計の特徴〜得意なこと、苦手なこと、注意しておくこと

クラウド会計が得意とするのは、ネットを通じたデータの連携です。銀行口座やクレジットカード、通販サイトの注文データなどとの連携が行いやすいという特徴があります。元々クラウド会計はオンラインのサービスですから、会計と外部サイトのデータ連携が強みとなっています。

逆にクラウド会計サービスが苦手としているのは、手作業による修正や検証が行いにくい操作性にあります。入力や検証の際に、なぜ「ここの画面から行えないのだろう?」と思うことや、「もっさりとした操作感が気になるな」といった印象はサービス開始当初から変わりません。

また、勢いのあるIT企業が運営しているサービスなので、機能と料金プランが変わる際の対応が顕著という印象もあって、サービス内容の変化には気を配っておくよう注意しておきましょう。

関連:

使う端末の自由度が高い〜Mac、Windows、Chromebookでも〜

クラウド会計はウェブ上のサービスにアクセスして使うので端末を選ばないという特徴があります。

従来の会計ソフトであれば、WindowsのOSにインストールして使うものが中心でしたが、クラウド会計であればMacやWindows、Chromebook、iOSやAndroidといったパソコンやタブレット、スマホでも操作を行うことが出来るようになっています。

データは同期・学習させて手作業を減らしていく

経理を行う際には取引ごとに日付や金額、内容を分かるように記録する必要があり、手入力で行うと日付や金額を間違えないようにしなければなりません。

しかし、クラウド会計での銀行口座などの同期機能を活用すれば、自動で会計ソフトに日付や金額が反映され、明細から取引内容も予測まで行ってくれます。

データの予測出来る精度は、適切に学習させていくことで、人の手間を確実に減らしていってくれることがポイントです。ただし、その逆に間違った処理を学習させてしまえば、自動的に繰り返されてしまいますから、最初にきちんと学習させておきましょう。

クラウド会計ですでに記録された処理を訂正するのは骨が折れますし、下手をすると最初からやり直しとなってしまいますからね…

あとがき

「クラウドサービスを入れると経理が完結出来る!」というのは次のことが行えていて初めて可能となることです。

  1. 経理の仕組み自体を理解していること
  2. クラウドサービスの適切な導入をしていること
  3. クラウドサービスの適切な使い方をしていること

もし、

  • 「税理士に顧問になってもらうほどではないから、自分で行いたい。」
  • 「教えてもらえれば自分でも出来るのに…」
  • 「経理をやってみたから確認をしてほしい」

といったご要望がありましたら、ぜひ下記のリンクからご連絡いただければと思います。

スポットでのご相談やクラウド会計の導入対応も承っており、この記事を書いている公認会計士・税理士の守屋が誠意をもって対応させていただきます。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼