移動中の読書のお共にココフセンカードがおすすめ

移動中の読書の際に本に目印を付けるのに便利なふせん、カンミ堂のココフセンカードをご紹介します。

FullSizeRender

カード型が便利!カラーバリエーションも豊富

カンミ堂のココフセンカードの一番の特徴はカード型だということです。

クレジットカードとほぼ同じ大きさでその厚みはわずか1.5ミリに105枚のふせんが収納されていて、他のふせんのようにポケットの中にいれている際にばらけてしまったり、かさばってしまうことがありません。

また、私が使っているものは黒とストライプの2種類だけですが、カラーバリエーションが豊富でドットや無地(シルバー)、キャラクターデザインのものなど様々な種類がありますので好みやシーンによって使い分けることも出来ます。

片手で付箋を一枚ずつ剥がせる

このカード状のふせんはデザイン性が良いだけでなく、ふせんを1枚ずつ確実に剥がせる仕組みになっていることもおすすめ出来るポイントです。

ふせんを剥がそうとする際にはふせんとカードの間に指をいれ
FullSizeRender 2

ふせんを掴み引っ張ると
FullSizeRender 3

次のふせんが自動的出てくるようになっています。
FullSizeRender 4

電車の中で読書をする時に片手で本を持ちつつ、ポケットに入れたココフセンカードのふせんを剥がすことも簡単に出来ます。

ふせんはフィルム状でしっかり貼れて文字を隠さない

ふせん自体はフィルム状でしっかり貼れますし、半透明なので本などの文字の上からふせんを貼っても文字が隠れてしまうことがないこともおすすめできるポイントです。

次の画像は文字を書いた上にふせんを貼り付けているものですが、ふせんの下の文字も読めています。

FullSizeRender 5

まとめ

カンミ堂のココフセンカードは携帯性の良さがありしっかりと貼れ、ばらばらにならず確実に一枚ずつ剥がせる機能性を備えています。

目印を付けるのに便利なふせんを探している方におすすめ出来る一品ですよ。

 

こちらの記事もおすすめです

年間読書数200冊超え 達成するために意識したこと

読書好きな自分が本を処分するマイルール 紙の本はなるべく増やさない

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は午前中に執筆案件の納品し、
午後は仕訳の検証など

執筆案件を一旦やり終え次は決算案件に集中します。

【昨日の一日一新】

Brother Web ConnectでEvernoteの同期

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼