公認会計士の修了考査を受ける方々へ

今回は公認会計士の修了考査を受ける方々向けの記事です。
11月も終わりに近づき12月がやってきます。
修了考査を受ける方々は、そうそろ試験勉強に焦りを
感じているのではないでしょうか。

スクリーンショット 2014 11 28 00 08 50

受験生へ送るアドバイス

リスクアプローチが大事

出題されそうな所を中心的に勉強しましょう。
仕事を抱えての試験へ挑む場合には、勉強範囲は意識的に狭くする必要があります。

出題されそうな所・出題パターンを予想する

予想するために、まずやるべき事は主に2つ。
ひとつは過去問の分析。
科目ごとに過去数年間の試験問題を見て出題パターンをつかみましょう。

ふたつめは受験学校で行う試験のヤマ当て。
優先順位の高いと言われた所だけはやっておくことが大切です。
他の受験生が出来る可能性が高い項目なので
間違ってしまうと大きな失点となってしまいます。

苦手科目を作らない

良い点が採れた科目があったとしても
満点の40%に満たない科目がひとつでもあれば不合格となってしまいます。

5科目どれもパランス良く勉強しましょう。

最後に

修了考査は年に一回しかありません。
不合格となって足止めされてしまうと
公認会計士として活躍出来る期間が一年短くなってしまいます。

受験される皆さんが合格出来る様、応援しております。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【昨日の一日一新】

11/26 池尻大橋駅へ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】
今日は事務作業メインの一日
夕方は鍼灸医へ行っておりました。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼