公認会計士の修了考査 無事合格した方々に伝えたいこと

平成27年度の公認会計士 修了考査の合格発表から2週間が経ち、合格者の方々もやっと合格の実感が湧いてきたのではないでしょうか。

今回は修了考査の無事合格した方々にお伝えしたいことを投稿します。

スクリーンショット 2016 04 20 23 09 47

肩書き=実力が証明された訳ではない

修了考査を無事にパスし登録を済ませれば正式に公認会計士としてのスタートが始まります。

ここで勘違いをすると危険なのでお伝えしますが公認会計士という肩書きが得られても会計士としての実力が証明された訳ではないということ。

この肩書きから分かることはペーパー試験で点数が良かったことと、実務経験が2年以上あることが分かるだけです。むしろ資格を持っていなくても実務ベースで力をつけている経理の方々の方が実力を持っていることが良くあります。鼻っ柱を折られないようお気をつけください。

実力は地道な積み重ね

逆に公認会計士の肩書きが得られた際に他の公認会計士の方達に比べて自身の実力が見劣りしていると感じてしまう方がいるのではないでしょうか。(自分はこちらのタイプでした。)
それは何年も実務経験を重ね、力をつけてきた諸先輩方と同じ肩書きとなったのですから、おかしなことではありません。

仕事の中で得た経験、調べることで得た知識、仕事で行っていった工夫など日々積み重ねていきましょう。その積み重ねが自分の実力に繋がります。焦らず地道に実力を磨いていきましょう。

あとがき

自分が公認会計士となったとき、お世話になっているベテラン会計士の方から「これからは同じ公認会計士だね。同じ土俵で戦うんだよ」と話しかけられドキリとしたことを覚えています。

振り返ってみると公認会計士の肩書きに見合うよう向上心を持ち続けて欲しいというエールでした。そのことを忘れたくないと想いもあり、今回の投稿となりました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

出先の昼食先、メニューを見て気になったのは
レディースセット。

男性でも頼んでいいものかと試しに注文してみたところ
何事もなく頂くことに。

取りあえずでも言ってみるものですね。

【昨日の一日一新】

ランチでレディースセットを注文
水素水を飲む

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼