クレイジージャーニーはお金を払っても観たいと感じるテレビ番組

最近好きなテレビ番組は深夜にTBS系列で放送されているクレイジージャーニー

こちらの番組はMCの松本人志さん、設楽統さん、小池栄子さんのお三方、特異な体験をされているクレイジージャーニーの方々の経験についてお話を聞くというもの。

全く知らなかった世界や想像の及ばない人が取り上げられていてクレイジージャーニーの生き様に惹きつけられる魅力があり、趣味のアニメでも滅多に手を出さないDVDまで購入してするほどです。

今回はそんなテレビ番組、クレイジージャーニーの魅力についてご紹介したいと思います。

関連:クレイジージャーニー トークイベントに参加!丸山ゴンザレスから感じたジャーナリストとしての使命感

クレイジージャーニーの信念や生き様に惹かれる

クレイジージャーニーについてTBSの公式ページでは

独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちがその特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティ

と紹介されていたのですが、こちらの番組中ではまず自身ではやらないであろうことを行っている方を取り上げられてその方達の信念や生き様に惹かれ魅力を感じるのです。

挑戦するアドベンチャーレースが驚きの内容

たとえば最近の放送で紹介されていたのは地球上で最も過酷なレースと言われているアドベンチャーレースに挑戦している田中正人さん。自分はアドベンチャーレースの存在を初めて知ったのですがレースの内容は尋常ではなく本当に驚きました。

写真

番組中ではオーストラリアで開催されていたワールドチャンピオンシップ2016への挑戦が取り上げられていたのですが

  • 総距離627km
  • レースの詳細は一切不明 スタートの3時間半前に発表
  • トレッキングにカヤック、マウンテンバイク、洞窟探索あり
  • 大自然すぎる大会中の映像
  • 夜中でも寝ずにレースを続ける参加者の姿
  • リタイアする基準を失神したら認めると笑顔で話す田中さんの姿
  • ゴールまで複数日掛かるというレースの行程

とんでもないレースの内容になぜこんなハードな大会を開いているの?なぜ挑戦できるの?と感じるような驚愕の内容…

この記事を書いている時には前後編の前編までしか観れていないので後編がどんな放送となるのか続きがとても気になっています。

見返したいのはどの回も心に刺さるものがあるから

今回例にあげたアドベンチャーレースの放送回だけが特別驚いたという訳ではなく、どの回の放送も観てもクレイジージャーニーの姿が魅力的で心に刺さるのです。率直になぜそんなことをしているのかと理解は出来ないこともありますが、改めて見返したいと感じる魅力があります。

クレイジージャーニーを知らなかった、一度も観たことがなかったというのなら是非観て欲しい一押しの番組ですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ゼルダの伝説をいそいそと進めていたのですが、
ゲーム画面を見ていると目の疲れを実感。

時間制限にNintendo みまもり Switchのアプリ導入したのですが
ゲーム画面にアラームが出るので自然とゲームを中断できるのが良いですよ。

【昨日の一日一新】

Nintendo みまもり Switchのアプリ導入

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼