ネガティブ発言は自己暗示に…メンタリストDaiGoさんの『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』を読んで

メンタリストDaiGoさんの著書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』この本の中でビジネス書の共通点としてよく見かける「ネガティブな言葉を発してはいけない」という事について、心理学的な理由が書かれていました。
AA85CC8D F845 4209 8374 AA9842EBAEE1

ネガティブな言葉を発してはいけない、その理由

言葉を口にすることの効果についてこの本には次のように書かれています。

声に出すことで、自分が発した言葉は、もう一度自分の耳から入って脳に戻り、それが潜在意識に働きかけます。情報のアウトプット(言う)とインプット(聞く)両方が同時に行われるため、より自己暗示にかかりやすくなるのです。

つまりネガティブな言葉(辛い、無理、出来ない、もうダメだ。など)を口にしてしまうと自分自身にマイナスな影響を与えようとする暗示を無自覚におこなっているとのこと。

言っても意味のないことだからと避けていたネガティブ発言。自身への暗示となり得ることを知り、より言わないよう行動はしていくことにしました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
暑さに参っていたところよく行く喫茶店の店長さんに
塩飴のプレゼントをもらいました。

塩分補給したので暑さに負けず頑張ります( ´ ▽ ` )ノ

【昨日の一日一新】

8/13 HAREL PREMIUM CHOCOLATEを食べる
もっと果実なバヤリースを飲む

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼