以前と同じことを求めずに楽しみを見いだしていければ良い

人が集まるようなイベントはコロナの状況から中止や延期が多いです。
楽しみにしていた音楽イベントや夏コミなどもなくなり、「GW以降は何を楽しみにすれば…」と思っていたことも。

ただ最近では以前と全く同じとはいかなくとも、また違った形での楽しみや人との繋がりが出来るようになっていったように感じています。

ライブをストリーミング配信

音楽のライブであれば配信視聴が出来る機会も増えていて、最近ではイープラスが運営する視聴チケット制のストリーミング・サービスのStreaming+を使う機会がありました。

応援している邦楽ロックバンド、CIVILIANのライブ配信を観るために利用したのですが、カメラの映像なら実際に現地で参加するよりもステージの様子が分かりやすいですし、移動時間や交通費、ドリンク代もかからずコスパが良い印象です。

配信サービスではこれまでのライブであった会場の一体感や迫力は薄れてしまう一方で、ライトな楽しみ方の選択肢としてありではないかと。

将来的に5Gの通信環境が普及してVR映像で生配信されるようなサービスも整っていければもっと面白そうだとも感じていました。

関連:

オンラインミーティングツールを趣味の集まりに利用

また、交流の場としてオンラインでの飲み会や雑談会に参加する機会も増えています。

パソコンを使うことに抵抗のない方々(むしろIT関係のお仕事の方々が中心)と趣味の繋がりもあって、仕事よりもプライベートでオンラインミーティングツールを使うことが多かったです。

自宅にいることが好きなので、比較的ひとりでいることもが苦ではなかったのですが、仕事の変化や楽しみにしていたイベントの延期や中止も重なって、意識していなくても少なからず精神的に堪えていたのかもしれません。

生活の変化や趣味など他愛のない話題を中心に、何気なく顔を見て話せる人とのつながりは大切なんだと実感。

以前はカメラで顔を写す必要はないというスタンスでしたが、プライベートなコミュニケーションツールとしては顔を写してのやりとりは案外良いものだと思うようになっています。

制約の中でもそれなりの楽しみを

感染症への配慮が必要な現状では人が集まるようなことを行うことは難しく、根本的な解決が出来るまでこの状況が続くのかもしれません。

もどかしく感じることも多いのですが、出来る中でそれなりの楽しみや人との繋がりを作っていければ良いのかと思って過ごしています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

3月の公開が直前で延期となっていた映画、「Fate/stay night[Heaven’s Feel] Ⅲ. spring song」を見てきました。
こういった状況でも三部作の最終章が無事に公開され、作品のファンのひとりとして感無量です。

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼