先生付けで呼ばなくて大丈夫

公認会計士・税理士という職業柄もあって、『守屋先生』と呼んでいただくことがあります。

ただ、なかなか言いにくいのですが、自分は先生と敬称を付けて呼んでいただかなくても嫌だと思いませんし、普通に呼んでいただければ大丈夫ですよ。

公認会計士・税理士=先生でなくていい

自分は先生と呼ばれていなかったとしても失礼だと思うことは決してありません。

こう書くこと自体が変なことなのですが、きっと公認会計士・税理士という肩書きから先生付けで呼んで頂いているのだなと初対面の方から感じることがままあるのです。

実のところ『守屋先生』と呼ばれると変な距離感も感じています。

専門家の自覚はあるけれど…

先生と呼ばないで欲しいと口にすると専門家として自覚が無いのでは?と誤解されることもあるかもしれません。

ただ、決してその様なことありませんのでご安心下さい。

なぜ先生と呼ばれることに対して気が退けるのか、どう伝えれば良いのか悩ましいのですが、公認会計士だから、税理士だからと先生と呼ばれることに危うさを感じるのです。

公認会計士・税理士という職業だからといって、

先生と呼んで頂いた方に対して何か知識を提供している訳ではないこともありますし、先生付けで呼ばれることがもし当たり前だと感じるようになったとしたら…周囲の方達と対等な関係性を築けなくなっていってしまうかも、そう危ういなと思っています。

自分が士業の方々に先生付けで呼んでいる理由

また、自分自身、同業である公認会計士・税理士の方々や他士業の方々に『お名前+先生』と口にすることがあるのですが、大変書きにくいことではあるのですが、多くの場合それは単に円滑なコミュニケーションを重視してのことだったりします。

もちろん尊敬しているから、お世話になったから、その敬意を込めて「○○先生」と呼ばせて頂いているケースもあります。ただ、残念ながらカドが立たない様にと初対面・士業だからと一律に使っているケースもあるのが実情です。

人 対 人として接するために

自分は肩書きに対する職業的専門家としての自覚がありますが、それ以前に『人 対 人』として周囲の方達と接させて頂きたいです。

それに自分は士業の肩書に関係なく、周囲の方達と接するなかで様々なことを学ばせて頂けていると思っています。士業だから、会計士だから、税理士だからと先生と呼ばなくては、そう思わなくて大丈夫ですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は午前中は新規問い合わせ対応、
午後からお客様の店舗で会計データ移行のチェックなど。

【昨日の一日一新】
フィーカフィーカ井草店の利用

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼