目標達成のために『差し出す代償を決める』ことの大切さ

毎年の目標を掲げて、一年間を掛けてその実現を目指し行動しています。今年の目標ではナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』 を参考に目標達成のための取り入れたことをご紹介します。

1B906EBB B33B 4AA7 ADAB 74ACB962EE76

 

達成したいことの他に『差し出す代償』を決める

今までの立てていた目標は次の3つからなっていました。

1.実現したい願望
仕事や家庭、財産、健康、教養、趣味など年末までにどういう成果をあげていたいのか?

2.詳細な計画
実現したい願望のためにいつ、どんな行動を自分がしていくのか?

3.最終期限
各行動のスケジュール化、不明確なものでも何月までに行うのか?

後は自身の行動次第と今までは思っておりましたが、今年の目標には『願望のために差し出す代償』を加えています。

代償がない目標の実現は非現実的

なぜ新たに代償を加えたのか?それは『思考は現実化する』を読んだ際に去年までの目標に足りなかったものが気がついたためです。

例えば事業を行う際、仕入れもしない、時間も掛けない、広告を打たない、投資もしない、そんな状況では売上は立ちません。
資格試験の取得であれば勉強もしない、お金も使わない、努力もしない、そんな差し出すものがない状態では結果はついてきません。

代償がない目標の実現は非現実的で目標を達成するためには結果的に代償を払います。

そうであるならば計画の段階で代償の内容を決めておくことを取り入れました。

今まで『願望のために差し出す代償』を決めていなかった方は自身の時間、お金、努力など対価として使うものを決めておきましょう。
より目標が現実に近づき達成しやすくなりますよ。

あとがき、『思考は現実化する』が気になる方はマンガ版から!

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』の原著はとても分厚く読むのはかなり億劫。気になった方はマンガ版のこちら『まんがで納得ナポレオン・ヒル 思考は現実化する
』をおすすめします。さっくりと読めますよ。

関連エントリーはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
年越しはCOUNTDOWN JAPAN 15/16の会場、幕張メッセで過ごしました。

BUMP OF CHICKENのライブを見ていた際、紅白歌合戦に中継があり、
米粒ほどの大きさで紅白に映っていたかもしれません(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG 5068

【週末・休日の一日一新】

Shiggy Jr.のライヴ
マンゴーけずりを食べる
高円寺上島珈琲店
エクセルシオール 新御茶ノ水店
外国人の方に年賀状を渡す

一日一新のきっかけはこちら→一日一新
■moriya-blogは、次の方法で購読できます。
・Facebookに更新情報が流れます。

・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly