されて苦手に感じた営業から「やらない営業」を決める。

税理士としてお仕事をしている方針として

されて苦手に感じた営業のごり押しは「やらない営業」に決めております。

されて苦手に感じた営業のごり押し

・アポなしで相手先に訪れる。
なんの連絡もなく訪れた営業の方がいた際には困惑しました。

・流出しているリストを元に電話営業。
C1179748 CDE9 4519 B26B 50397DD92C49
電話をとると目の前のことから意識が削がれてしまいます。
また見ず知らずの方から「売上アップに興味がないんですか!?」など言われても頼もうとは思いません。

・プライベートであっているのに商品の契約を勧める。

・名刺交換やFacebookで友人になった相手へ有料セミナーの招待を一括送信。

実際に知人からされたことがあるものをあげましたが、
面識がある方からの勧めですのでお断りするのに神経を使うこと、
行った人からはお金になると思われていたのかと残念に感じました。

されて負担に感じてしまうような営業は慎む

営業をされている方からは押しが弱いと感じるかもしれません。

ですが税理士としてのお仕事はお客様と密接に関わります。

されて負担に感じてしまうような営業は慎んでいきましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【昨日の一日一新】

2/2 プリンクリームロール

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】
Mac book Proに入れていたWindowsの動作が重かったので再インストール。

いくつかのソフトのインストールは終わっていないですが
もっさりとしていた動作がとても軽快になりました!