昨年の反省と対策を公開、念願の富士山の登頂達成!

以前次のような富士登山について投稿

なぜ富士山に登るのか?その理由は去年のリベンジと自身の心と体を鍛えること!

スクリーンショット 2015 08 17 11 39 34

去年の反省を活かし8月15日と16日の二日間で富士山に登頂に再チャレンジ、吉田ルートで無事に登頂してきました!そこで今回は去年の富士登山の反省と行った3つの対策について投稿します。

IMG 4714

ご来光は見ないと割り切る。混雑回避を優先

富士登山の目的として山頂でご来光を見ようとする方が多いです。

ですがそのスケジュールを前提に登山ツアーが組まれていることが一般的で、山頂近くでは登山道が混み合い渋滞が起きてしまうのです。

長い時には寒い中、2時間程待つこともあり精神的に厳しいものです。今回は登頂出来れば良いと割り切り、登頂の予定時間を12時頃にする登山計画。ピーク時間をずらすことで渋滞による無駄な待ち時間を回避しました。

今回の登山計画

今回とった吉田ルートの登山計画は次の通りです。

初日(8月15日)
(16:30)新宿西口より高速バスで出発
(18:55)富士スバルライン五合目着・夕食
(21:00)雲上閣(ロッジ・フジヤマ)宿泊、就寝

二日目(8月16日)
(2:30)起床・準備
(3:00)富士山五合目出発
(11:40)富士山登頂・休憩
(12:20)下山開始
(16:00)富士スバルライン五合目着
(18:00)五合目出発
(20:25)新宿西口着

日の出前の登山は視界が悪く精神的・体力的に疲弊します。そのため、出発時点は暗くても6合目過ぎから7合目までの間で明るくなるこの計画はありではないでしょうか。

5合目のロッジ・フジヤマに宿泊、快適な環境で休む

昨年富士登山をした際には8合目にある山小屋を利用したのですが、もう泊まりたくはありません。

・自分の身体ひとつあるかないかの狭い睡眠スペース

・見知らぬ人と折り重なるように寝なければいけない

・布団がカビ臭くぜんそく持ちの自分には厳しかった

こちらは昨年撮った8合目の山小屋の写真です。就寝スペースに人がぎゅうぎゅうに押し込められていました(>_<)

IMG 3083

 

そこで今回は5合目 富士スバルラインの雲上閣、ロッジフジヤマに宿泊。カプセルホテル型ゆったりとしたスペースが素敵です。

衛生的な布団でアレルギーの心配もなく安心して富士登山に臨めました。

IMG 4626

1階の専用レジで受付、案内されたスペースで安心感もあり清潔な一室!以前宿泊した山小屋との違いから本当に感動しました。

なったらお終い高山病。対策はしっかりと!

昨年悩まされた高山病についても対策をしっかりと実践。高山病にならないためにゆっくりと一定のペースで登ること、短い休憩を定期的にとること、こまめに水分を補給していました。また、酸素ボンベを持参。

休憩時に酸素を補給しつつ高山病に備えました。7合目から徐々に空気が薄いと実感したのですが酸素を補給しつつの登山は心理的にも安心感があります

なお、持っていったものは下記のリンクのポケットオキシ 圧縮型酸素ボンベ10Lのもの。

他の酸素ボンベに比べサイズが小さいので持っていってもかさばらないのがオススメです。

過去の失敗を成功に必要なプロセスに変える

昨年、富士山の登頂に諦めた後「泊まる山小屋の情報をもっと調べておけば…」「もっと高山病に気をつけておけば」「歩き方を気をつけておけば怪我をしなかった」など反省点が浮かび悔しい想いをしていました。

出来なかった事をそのままにしておけば只の失敗、反省し再チャレンジをすれば達成するために必要なプロセスとなります。
一年越しの富士登山。目標を達成するためには対策を立て、少しづつの歩みでも努力する姿勢が大切だと実感しました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
ロッキン、富士登山と夏のレジャーを一通り終了。
攻めの姿勢で挑む休日の日程で楽しい夏になりました。

【週末・休日の一日一新】

8/14 吉祥寺 焼き小籠包
8/15 富士急雲上閣のロッジ・フジヤマに宿泊
8/16 富士山の登頂

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼