振り返って気付く。時間の割り振りの変化

同じ年次だった会計士の方たちと話した際に「目の前の仕事で目一杯。思考停止になってしまう。」という言葉を耳にし、ふと自身の以前のことを振り返ることがありました。

自分は約9ヶ月前、自身が行っていた案件の中で一番大きい収入となっていた業務をしないと割り切り受ける仕事を一気に絞っています。

大口業務を断ることに不安はつきまとったけれど得られたこと

みっともないようですが業務を絞ったその選択が正しかったのだろうか…判断を誤ったのかもと感じ、不安になったことも一度や二度ではないんです。お恥ずかしいのですがこれが本当のとろこです(^^;)

ですが受ける仕事を絞ったことで今まで確保できなかった時間ができ、体調管理やパソコン・Excelの知識を更新、経理や様な様な習慣化、緊急でないけれど重要なことに使えるようになっています。

スクリーンショット 2015 03 17 22 53 22

欲をいえばもっとプレゼン力を高めたい。読みやすい文章を書けるようになりたい。多々願望はありますが以前より今後のことを意識した時間の割り振りが出来ています。過去を振り返ってみて、今は案外いい選択だったと気付くことができました。

あとがき

ちなみに今一番したいことはスペインのサグラダ・ファミリアを見に行きたいこと。

今のところ明らかに重要でなく緊急でないことなのですが、、

どうにか理由付けして重要だけど緊急でないことにしたいと思案中です。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
ライヴ会場限定で販売をしていたet nuの新譜3331が素晴らしい。

表題曲の激しさを味わった後にとても優しい楽曲に包まれます。

買い求める人で長蛇の列になったの頷けるCDですd( ̄  ̄)

【昨日の一日一新】

3/16 三井住友銀行・世田谷支店、et nuの新譜 3331を聴く

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼