お客さんが読めない料金表はあってないようなもの 分かりやすさが大事と実感

サービスの値段が不明瞭だとお客さんとの信頼関係は築けず不信感を抱かれます。

IMG 2190

心の壁を作られては挽回は難しく、お客さんにとって分かりやすい料金体系を心がけることが大事だと実感しています。

ホームページは5千円から、現地に来られたら6万円の請求に変わる

先日のことなのですが自宅でトラブルがあり作業員の方の派遣をお願いしたことがありました。

ネットで検索し、ホームページを見て5,800円〜という値段を確認して来て頂いたのですが、作業員の方が自宅に来てから口にした金額は驚きのお値段60,480円と提示。

〇〇円〜との値段は下限を示すとは理解していたのですが当初見た値段から10倍超えの金額を伝えられますとさすがに困惑しました(^^;)

粛々とお引き取りをお願いすることにしたのですが、その値段が料金表に基づいたものとのと説明を受け、その見積もりについてどんなルールになっているのか料金表について見せて頂くと、読み解くことが出来ず提示された料金が自分のケースのものなのか自分には読み取れなかったのです。

お客さんが読み取れない料金表は不信感を抱かれる

そこで率直に感じてしまったのがお客さんが読み取れない料金表は不信感を抱いてしまうということ。
いくら詳細に定めていてもそれがお客さんにとって読み解けるものでなければ納得をしての代金の支払いはあり得ません。

事前連絡の際にも料金について濁されて説明がなく、提示された料金が本当に正当な値段なのかと不信感を感じてしまいました。

作業員の方に対して申し訳ないのですが今回は値段の差も大きいこともあり、作業開始前にお引き取り頂くようにお願いしたのです。

利用したサービスから自身の事務所を振り返る

どうも値引き交渉がありきの料金の提示の様でしたが、そのような値段ではなく適正価格を始めから提示した方がお客さんとの信頼関係が築けますし、縁が広がっていくと思います。

マーケティングについて学んでいると料金について分かりやすく明確にするべきとよく言われていたのですが、その実感ベースでの体験は今回はじめて経験。

料金体系のわかりやすさが大事と実感することとなりました。

あとがき

正直あまり気分のいい出来事ではなかったのですが、自身の事務所の運営に活かせれば(おまけにブログのネタになれば…)それもまた良い経験に消化出来ていくのではと感じています。

こちらを読まれた方には次の記事もおすすめです

ブログの内容を振り返る 自身の周囲にネタはある

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
先日のことボカロPのナノウさんが5年ぶりに新曲を発表されていました。
曲の展開や初音ミクの歌声などどこか懐かしく感じます。

別名義で活動されているバンド、CIVILIANとしてメジャーデビューCD発売もあり
いちファンとして唯々嬉しいです!

【昨日、一昨日の一日一新】

ファミリーマート 薬ヒグチ 四谷駅前店
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅を観る

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク