ダウンロードファイル付き。GoogleカレンダーにExcelファイルからインポートする方法

以前投稿したExcelの日程表からGoogleカレンダーへ取り込み方法について、今回は実際のファイルをダウンロード出来るリンク付きで投稿します。

スポンサーリンク

Excelで予定表を作成

Googleカレンダーに取り込むための予定表を作成するには1.日程表をcsv形式で作成、2.csv形式のファイルをtxt形式のUTF-8に変換 という2つの工程が必要になります。

1.日程表をcsv形式で作成

ExcelでGoogleカレンダーに取り組む日程表を作成するためには1行目に必ず必要な項目として、SubjectとStart Dateがあります。

そして、必須項目のみでGoogleカレンダーに取り込んだ場合には、終日での登録となるため、他の任意設定項目であるDescription(予定の説明)、Location(場所)、Start Time(開始時間)、End Date(終了日)、End Time(終了時間)、All Day Event(終日予定かどうか)、Private(公開・非公開)について、必要に応じて設定をしていきましょう。
なお、Private(公開・非公開)についてはTRUEが公開、FALSEが非公開になるので注意が必要です。

こちらが取り込むスケジュール表、A社への予定を3日間設定しています。

スクリーンショット 2015 06 17 21 43 41

このファイルについてダウンロードできるリンクはこちらです。

Googleカレンダーに取り込むExcelファイルを作成し保存する際には、[ファイル]タブから[名前を付けて保存]を選び[ファイルの種類]について[CSV(カンマ区切り)]とし[保存]を実行します。

スクリーンショット 2015 06 17 21 48 49

上記の操作でExcelの操作は終了となります。

2.csvをUTF-8に変換

次にExcelで作成したcsvファイルを、UTF-8という文字コードで保存し直します。
Excelで作成したcsvファイルをそのまま使えない理由は、Googleカレンダーに取り込む際に文字化けを起こしてしまうためです。文字化けを回避するためにメモ帳を利用しUTF-8へ保存し直します。

メモ帳を起動し、先ほど作成した日程表のcsvファイルを開き、[ファイル]タブの[名前をつけて保存]を選択、文字コードを[UTF-8]、[保存]をクリック。

スクリーンショット 2015 06 17 21 09 51

これでGoogleカレンダーに取り込むデータが用意できました。

Googleカレンダーに取り込み

上記の操作でデータを用意出来ればあとは簡単です。
インターネットブラウザからGoogleカレンダーにアクセスし、[他のカレンダー]タブの[カレンダーをインポート]を選択。

スクリーンショット 2015 06 17 21 55 09

作成したファイルを選択し、取り込み先のカレンダーを指定、[インポート]を実行すれば完了です。

スクリーンショット 2015 06 17 22 39 49

無事にインポートされます。

スクリーンショット 2015 06 17 22 44 13

以上で説明は終了です。今回はファイルをダウンロード出来るようリンクをつけていますので、是非ご活用して頂ければと思います。

関連エントリーはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
所得税額の変化が与える国民健康保険への影響額について
試算シートをざっくり作成。
税理士としての基礎力鍛え直しております。

フォトリーディング習慣化チャレンジ 9冊/10冊、残り1冊
(チャレンジ期間 平成27年8月10日まで)

【昨日の一日一新】

8/5 国民健康保険の試算Excelシートの作成

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク