早寝早起きの取り組み。少しづつでもより良い生活習慣を目指す。

お正月を過ぎてからというもの生活習慣が崩れ週の半分以上、夜中の2時過ぎまで起きてるという状態に。。
そこで、健康管理の一環として早寝早起きを目指すことを取り組んでいます。

生活のスケジュールはToggl Timerで行動を記録しているので振り返ってみたのですが一番の原因は夜中10時頃からやり始めるブログの投稿でした。

平日は毎日ブログを投稿すると決めているのですが、その期限ギリギリまで手をつけていないことが多く、結果12時頃までパソコンの前で作業。

結果、週の半分は夜中の2時以降に就寝というようなことになっておりました。。

日付が変わるまでパソコンの前にいたのではなかなか眠れないですね
そこでブログの一日一新以降は朝食前までに作るように習慣化、夜中にパソコンの前に向かう時間を減らしてみました。

緩やかな変化ですが夜中の2時過ぎに寝る日は先々週、先週と徐々に減ってきています。

慣れている習慣をなかなか変えられませんが一部分だけでも改善し、少しづつでも良い生活習慣を目指していきましょう!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【昨日の一日一新】

1/20 ソフトせんコーンポタージュ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】
先日読んだ本、レバレッジ・リーディングがすごい!
本の参考になる部分を自分用のメモにすることとその仕方、真似させてもらいます。

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼