外出先でも慣れたキーボードとキー配列を使いたい

長時間に渡ってパソコン作業をする必要がある時には違和感がないキーボードを使いたいと、最近は愛用しているキーボードを持ち歩くように…

確実に周囲から浮いてしまっているのだろうとは思うのですが、どうしてこのようなことをしているのかについて今回記事にしてみました。

利用するキーボードを統一すれば操作が楽になる

日常的に複数台のパソコンを使う生活となっていて、使用する場面ごとに使い分けています。

主に使っているものをあげると仕事用のWindows機が2台、出先用のChromebookが1台、自室用のChromebookが1台で合計4台ほど。時にはお客さまのパソコンを操作させていただくこともあってMacbookを使うようなこともありますね。

パソコンが変わってしまって戸惑うのはOSの違いよりも、キーボードが変わる影響が大きいもの。キー配列が違えばミスタッチも増えてしまいますし、ショートカットキーに至ってはブラインドタッチも出来ません。

新たにタブレット端末を購入したこともあり、モバイル用キーボードを検討してい際にちょうど好きなキーボードのひとつHappy Hacking Keyboardに新モデルが発表。使い勝手の良さを知っているので即購入し、外出先でも持参し使ってみようと思ったのです。

関連:

外出用として用意したキーボードはPFU HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨(以下、HHKB)。

  • Bluetooth接続とUSB Type-C接続の切り替えが可能
  • HHKB本体にキーマップ変更機能を備えている
  • 静音モデル

と、有線接続でセキュリティの厳しいマシンでも対応でき、キー配列の自由度が高いこと、そして周囲に気兼ねしなくて済むようにと静音モデルを選びました。キーボードとしては値段が張りますが、それだけの価値はあるかと。

ノートパソコンにキーボードを乗せて使う状態はツッコミどころ満載です。

実際につかってみるとキーボードを統一するのは何より楽で、ノートパソコンでありながらデスクトップパソコンを使うような操作性の良さを感じています。

こういった使い方を「尊師スタイル」と呼ぼれていて、自分は恥ずかしいのでしないだろうと思っていたのですが…まぁキーボードにストレス抱えつつパソコンを使うのはつらく、その魅力に抗えなかったですね^^;

キー配列の変換アダプタ、「かえうち」でChromebookでも親指シフト

HHKBは単体でもキー配列を変えることは出来ますが、それに加えて「かえうち2」というアダプターでキーボードの配列を組み替えて使用しています。

こちらの「かえうち2」をパソコンとキーボードの間に接続するのはOSや端末を問わず、記憶させたキーマッピングでキーボードが使えるようすることが目的。

自身はキータイプををかな文字入力の一種である親指シフトを使うのが一番スムーズに操作できるので、その環境を構築に利用しています。

WindowsとChromebookの両方で同じキー配列を実現しています。

関連:

持ち運びにネックはあるけれど、入力環境を重視

キーボードを持ち運ぶのは正直面倒と感じることもあります。

HHKBはファンクションキーが省かれたキーの数が少ないものですが、それでも持ち運ぶ際にはかさばりますし、電池入りで587グラムもあってお世辞にも軽いとは言えません。

とはいえ、移動と入力環境でどちらの快適さを重視するかといえば入力環境を整えることを重視して、腰を据えて対応すると分かっている時にはキーボードを持ち歩くようになりました。

なお、HHKBを入れるケースには出し入れしやすく、かさばらないバード電子 HHKBスマートケース2に落ち着いています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

劇場版メイドインアビスの4D版が2月末から開始されると知り興味津々。

作中の上昇負荷をぜひとも体験してみたいではないですか!

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク