ホームページから無料相談を受けない、電話番号を明示しない理由。

同じ業界の方へ自身の事務所のホームページについて

・無料相談を受け付けていないこと
・お客様からのお問い合わせ用としては電話番号は載せていないこと

を伝えたところ『それ本当?』とかなり驚かれてしまいました。

スクリーンショット 2015 02 20 01 25 21

 

無料相談を受けない、電話番号も明示しない理由

無料相談を受けない理由

ホームページで無料相談は受けていない一番の理由は、現在契約して頂いているお客様への対応を重視していることを重視しているからです。
無料相談を受けることが潜在的なお客様と出会うために効果的ですが、その反面、安易な問い合わせも増えてしまいます。

実際に無料相談をホームページで掲げていた際には、あまり親しくない知人から無料が前提の安易な相談がfacebookにmixi、LINEにtwitterなどにあり対応に困ったことがありました。。

お問い合わせ用に電話番号を明示していない理由

お問い合わせ用に電話番号を明示していない理由としては

・申し込みフォームからお問い合わせを受けた方が返答するための連絡先など必要な情報が把握出来ること。
・コピーやリース、不動産などの営業。税理士紹介業者、ホームページ作成会社からの不要な電話がとても多くなっていたこと。

利便性と業務への影響を考え、お問い合わせ用には電話番号を明示せず、特定商品取引法に関する表記として掲載するに留める形に落ち着いています。

ノイズカットを重視したホームページ作り

実はこの投稿は冗談交じりに
『問い合わせをホームページに載っている電話番号から無料相談の問い合わせするね(笑)』
と言われたことをきっかけに書いております。

自身ひとりで運営している事務所ですので、ノイズになってしまうような問い合わせは行えない・受けないことを重視したホームページ作りにしています。

個人でホームページを持っている方は自身の方針に沿ったホームページとなっているか一度見直してみてはいかがでしょうか?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
30歳を前に意識の変化があったのか
最近、戦国武将のことを調べることがマイブームです。

武将たちの逸話がとても興味深く感じています!

【昨日の一日一新】

4/1 キリンメッツオレンジ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼