続 公認会計士試験・論文式を受ける方々へ 合格のために試験期間中してはいけない3つのこと

前回の投稿

公認会計士試験・論文式を受ける方々へ 試験直前だからこそ伝えておきたい3つの失敗談

スクリーンショット 2015 08 19 09 50 47

に引き続き試験に関するもの、今回は試験期間中にしてはいけない3つのことについて投稿します。

時間は貴重、お昼に外食はやめましょう

試験日には最終確認のため、精神を集中するために時間を使いたいと感じるため、試験期間中はどのように時間を確保するかがとても重要です。

そのため、試験日当日のお昼について間違っても外食はやめておくことが得策です。飲食店を見つけても混みあっていて思ったより時間が掛かってしまうことなどもあり時間が読めません。

食べるものは事前に見知った場所で買っておく、もしくはお弁当を用意し持参することをおすすめします。

受験仲間と会っても答え合わせはしない

会場で試験の合間に受験仲間と会ってしまうこともあるかもしれませんが、絶対に答え合わせはしないようにしましょう。
答え合わせをしたくなるのは不安な部分。間違ってしまったことを知りショックを受けてしまうこともあります。終わった試験科目はやり直せません。意識は次の試験科目へ向けていきましょう。

テキストや参考書を大量に持っていかない

論文式試験は一日に複数科目を受験しますが試験と試験の合間は2時間と短いものです。そのため、最終確認が出来るところは限られています。試験日当日は不安になってしまいがちですが試験会場にテキストや参考書をそのまま持っていっても網羅的に確認できず余計に不安になってしまいます。

試験会場には最終確認したいものを厳選し、ノートにまとめたりコピーをして持って行きましょう。

個人的にオススメなのは最終確認したくなる暗記もの(経営分析や税法の計算式、単純に文言を列挙するものなど)試験問題に直前に確認したものがあると心理的にも安心できます。

最後に

受験をされる皆さんが試験終了の最後まで悔いのないよう過ごせることを祈っております!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
とある機器の設定に四苦八苦、解決法を調べたものの
詰んでしまい諦めることに…

新しいことをやるときにはうまくいかないこともありますね(ーー;)

【昨日の一日一新】

8/18 SAVASミルクグレープフルーツ風味

一日一新のきっかけはこちら→一日一新