本は丁寧、綺麗に扱うよりも自身に役立つように読めば良い

保管用でもないのであれば本の価値は物自体にあるのではなく、その中に書かれた内容を知って得られた情報や感情です。

丁寧、綺麗に読むよりも付せんをつけ、書き込み、ドックイヤーをなど形跡を残しつつ読んだ方が本を大切に扱っているのではないでしょうか。

IMG 20170301 161824 1

本に読んだ形跡を残すのは読んだ価値を高めるため

自分は本を読みつつ付箋を付けペンで書き込み、ページの端を折ることなど良くしています。

移動中に書き込みをしていることも多く雑に線が引かれていることもあり、周囲からは雑に本を扱っているように思われ、

  • 本を大切に読んでは?
  • そんな本の読み方では売れなくなる

と本好きの方達から言われてしまうことが多々あります…(^_^;)

ただ自分にとっては本に手を加える行為がその本を手に取って読んだことを意味のあるものにするために必要なことで、本に読んだ形跡を残した方が本を読んだ価値を高めると思って行っています。

綺麗な本の読み方では記憶に残らない

本を読み良い本だと感じても、数日経ってしまえばどこのページが自身にとって重要・大切だと感じたかや心が揺さぶられたか、そのほとんどが記憶には残らないということはあるのではないでしょうか?

自分も元々は綺麗に本を扱っていて、以前は書き込みすることが信じられなかった考えを持っていたので伝えたい意味は理解ができます。ただ、資格試験の勉強を行った時、本当に記憶に残したい内容であれば、それが後から見て分かるように形跡を残しておかないとその本を読んだ意味が薄れてしまうと実感したのです。

試験の回答するためにキーとなるポイントにマークがついていない、理解が不確かで書き間違えた文章がどこだったのかなど教科書や参考書を綺麗に使っていても学びや記憶に残す意味では不効率だったと理解しました。

読んだ形跡が足がかりになる

資格試験の勉強では教科書や参考書でありましたがそれは小説やビジネス書、専門書であっても同じだと思っています。

本に残った形跡をたどれば過去に読んだとき、どこに着目して読んだのか分かりますし、本の価値はその本を読んだことで自身が何を得られたかということではないでしょうか?

本に書き込みをするのは丁寧・綺麗には扱っていないかもしれませんが、読書の意味を捉えれば本を大切に扱っているのだとも考えています。

…もちろん書き込みなどするのは自身で買った本であることが前提で、借り物であれば書き込みは厳禁なのは重々理解しておりますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は経理資料のチェックをするなど、
初見の資料に戸惑いつつも一旦は一区切りつきました。

【昨日の一日一新】

キットカットミニ バタークッキー味

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼