知人から仕事の紹介があった際に気をつけていること

知人から「税理士を探してる友人がいて紹介したいと思っているのだけれども…」という連絡を頂くことがあります。

そういったご紹介を頂いた際に、気にかけていることを今回記事にしています。

仕事の紹介は有り難いのだけれども…

自身に声がかかることって率直に有り難いなと感じます。少なからず仕事を任せられると思っているからこそ連絡をしているはすなので。

ただその一方で知り合いからの紹介案件は何かがおこると、紹介して頂いた方との信頼関係を失ってしまうこともあり慎重に対応しています。

特に顧問税理士のお仕事ですと、売った買ったのような単発のやりとりではなく、継続した取引です。意図せず事業が続かなくなった際などは紹介者が想定していなかったトラブルも生じることもありますから。

せっかく築いた人間関係、自分は大切にしていきたいのです。

関連:

まずはホームページを見て貰えるようにお願いする

知人から仕事の紹介があった際にお伝えしているのが、一度仕事を依頼したい方に直接ホームページ見て貰えるようにお願いをすること。

ホームページを見て貰いたい理由は

  • 依頼したい内容と提供しているサービスが合っているのか?
  • 値段は折り合いが取れているのか?
  • 考え方や相性は良さそうか?

など確認しておくことは依頼する側にもメリットがあります。

またこちらとしても知人からのまた聞きではスポットで相談をしたいのか?それとも顧問を探しているのか?不明確なことも多いです。

ニーズによって提供する業務も異なってきますし、税理士といっても単なる資格の名前に過ぎません。例えば寿司職人をしている方に料理人だからとフレンチを頼みませんよね?

一口に税理士といっても業務範囲はとても広く、お声がけ頂いても対応できないこともあります。

自身の場合はホームページなどのネットの情報から、仕事の取り組む内容や仕事で意識していこと、おおよその料金感覚も分かるようにしていますし、まずはそちらから仕事の依頼していただければ有り難いなと。

いきなり相談にのることはしない

ホームページを見て欲しいと伝えても「まずはじめに(無料で)直接会って欲しい。電話で話を聞いて欲しい」と言われることがありますが、申し訳ないのですがすべてお断りしています。

基本的に無料で行っているのは自身の管理するサイトの経理や税金記事のみ、個別相談は料金を設定していて、ホームページからの依頼に限って対応する形に決めています。

時には無料の勉強会などを開き人前で話すことをすることがありますが、それはクローズドな環境で自身がただでも知識を落とし込みたい整理したい論点だからしています。

もしかしたらお客様になってくれるかも、そんな淡い期待から無料の相談対応をしていては正規の料金を払っていただいているお客様に対し不誠実かと思っています。

関連:

あとがき

知人からの紹介について変に考え過ぎと思われるかもしれません。頼りにされたのだから、力になれば良いじゃないかと…

それでも知人からの紹介という流れで特別な対応を期待されるのはやりにくさもありまして、さらりと通常の流れへと誘導させて頂いています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

夏は仕事のスケジュールが空いていることが多いのですが、
ここ1週間ほどで雑誌記事の執筆や新規顧問の契約などお声が掛かるなど。

ひとつずつ着実に出来ることから対応を進めていければと思っています。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク