iPadをモバイルディスプレイに出来るアプリDuet Display

外出時にiPadをモバイルディスプレイ代わりに出来ないか?その発想、実はDuet Displayというアプリを使えば実現可能です。

F3818D4C 53A9 4E8E 8163 9BF4B0CE265B

(iPadProをMacBookProのモバイルディスプレイとして利用)

外出先でも気軽にデュアルディスプレイ環境を実現

iPadをMacBookProのモバイルディスプレイとして使えると知ったのは外出先用にモバイルディスプレイを購入しようと検討したことがきっかけ。
新たにモバイルディスプレイを買うのはお金が掛かりますし、持ち運ぶのも大変ですよね。

そこで日頃から持ち歩いているiPadProをモバイルディスプレイとして使えるものか調べていました。

利用方法は簡単

その際に発見したのはDuet Displayというアプリ。

 

Duet Display
Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥2,400
posted with アプリーチ

次の手順を踏めばiPadもモバイルディスプレイ化が実現できます。

1.Duet DisplayのアプリをiPadに導入

2.公式サイトからパソコンソフトをダウンロードしインストール

スクリーンショット 2016 09 14 16 57 56

3.LightningケーブルでiPadProとパソコンとつなぐ

4.iPad側でDuet Displayのアプリを起動しておく

 

画面の文字が潰れたら解像度を切り替える

注意することとしては環境によって初期設定のままではiPadの画面の文字が潰れてしまうことがあること。

自分はMac上でWindowsを利用出来るようにparallel Desktop導入していたのですがWindowsのソフトについては文字が潰れてしまいました。

こちらはパソコンのDual DisplayからiPadの解像度を変えることで解消することができますので、ディスプレイ拡張設定を変更し、Retina解像度(高パフォーマンス)に切り替えておきましょう。

スクリーンショット 2016 09 14 17 23 42

使用感は快適、画面の遅れはなし

こういったアプリについて、過去に失敗したことがあり避けていたのですが、Duet Displayを制作しているのは元々Apple出身のエンジニアチームの方々。アプリはきちんと動作し、遅延も感じません。
日頃から持ち歩いているiPadProをモバイルディスプレイと使え、荷物も増えずに外出先で快適なパソコン環境が手に入れることが出来ました。

あとがき

Duet Displayはお値段2,400円とアプリとしては値は張りますが、ディスプレイを新しく買うよりかはよっぽどお安いです。

もし外出先でデュアルディスプレイ環境にしたい方におすすめ出来るアプリですよ。

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

出先で使うノートPCスタンド 首が楽になるMobile Laptop Standのすすめ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は諸用で杉並税務署へ

自分は杉並区で開業していますが、実は荻窪税務署が管轄。
何気にはじめて行く機会となりました。

【昨日の一日一新】

杉並税務署
上島珈琲店 阿佐ヶ谷店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク