iPadProを持っていてもKindle Paperwhiteを買った理由

Amazonで電子書籍を買うようになって早数年経っていたものの電子書籍はiPadで読めばいい、Kindleの電子書籍リーダーは買うことはないだろうと考えていたのですが、最近心変わりをしましてKindle Paperwhiteマンガモデルを購入、使い始めました。

IMG 20170502 224754

iPadは便利なタブレット端末だけど本代わりにしては重すぎる

iPadなどのタブレット端末があればKindleアプリもあるので電子書籍も読めてしまいます。
過去の読書記録を振り返ってみると2016年は191冊、今年は4月までで76冊をKindleの電子書籍で読んでいたのですが特段専用端末が無いからと不便に感じたことは少なかったです。

ただ最近気になってしまったのは電子書籍を読むために普段持ち歩いていた9.7インチiPad Proの重さです。カバーをつけてしまうと600グラム超えてしまい、手荷物が多い際には重いから持ち運びたくないと感じてしまうこともしばしばありました。

外出時にノートパソコンや文房具を持ち歩いているのにプラスして読書の為にiPadを持ち運ぶのはいささか重たかったのです(^^;)

Kindle Paperwhiteは軽いのが良い

Kindleの電子書籍リーダーであればどの端末も軽く、今回購入したKindle Paperwhiteマンガモデルは本体の重さはわずか約200グラム程とiPad Proと比べると重さは約三分の一になっています。

自分は外出先でiPadを使う用途はほぼ読書のみ、手荷物が軽くなればとKindle Paperwhiteを外出時の読書用に購入しました。

Kindleの電子書籍リーダーは画面がモノクロしかないのが残念に感じますが、その分は軽さや価格の手ごろ感に繋がっていますし、活字を読むだけであればカラーでなくても構いません。

本を多く読むのならKindle Paperwhiteマンガモデルがおすすめ

Kindleについていくつも種類があり悩んでしまいがちなのですが個人的なおすすめは容量が32GBあるKindle Paperwhiteマンガモデルです。一万円台半ばで購入出来ますし、他の種類より要領が多いので読書好きには使い勝手が良いと思いますよ。

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

読書好きな自分が本を処分するマイルール 紙の本はなるべく増やさない

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
平日が少ない5月の一週目。

どううまくスケジュールを進めるか
試されいるように感じている今日この頃。

それではまた来週よろしくどうぞ!

【昨日の一日一新】

Kindle Paperwhiteで本を読む

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼