確定申告での悩みどころ この経費は何費? の解決法

フリーランスの方からのよくある質問のひとつに『〇〇って何費になりますか?』というものがあります。

経費の名前で悩み経理処理を滞らせない

ご覧いただきありがとうございます。荻窪の税理士・公認会計士の守屋冬樹です。

経費の名前が違ったとしても税額への影響はありませんが、それでも一定の方針に基づいて経理を進めていきましょう。

会計サービスやソフトなど使っていれば後からちょっとした操作で費目の修正が可能です。そのため、入力すら出来ていない状況のまま、滞ってしまう方が良くありません。

一般的な経費の分類

支払ったお金の内容から一般的にはこの名前を使うというパターンが存在します。ざっくりとした例を以下にご紹介します。

租税公課

事業税、固定資産税、自動車税、登録免許税、印紙税など

荷造運賃

宅急便やバイク便の料金など

水道光熱費

オフィス、自宅事業部分の電気、水道、ガス代など

旅費交通費

電車、バス、タクシー代など

通信費

電話代、郵便料金、インターネット代など

広告宣伝費

チラシ代、名刺代、ホームページ制作費

接待交際費

取引先との食事代、お歳暮・お中元など

損害保険料

火災保険料、営業車の損害保険料など

修繕費

パソコンや車の修理代など

消耗品費

10万円未満(青色申告の場合30万円未満)の備品、事務用品代など

減価償却費

10万円以上(青色申告の場合は30万円以上)の資産を購入した際に複数年に分けて費用にする

外注工賃

外注を依頼した場合の費用など

支払手数料

税理士・弁護士・司法書士などへの報酬

給与賃金

スタッフへの給与など

地代家賃

事務所や店舗の家賃、駐車場代など

雑費

他の科目で処理出来ない少額の支払いがこちらに含まれます。

よく分からないからと、とりあえず雑費にしてしまう…というのはおすすめしません。

経費の名称を新たに設定できる

確定申告の際に提出する損益計算書には経費の欄に空欄が用意されていますので、明示されていない費目を利用することや、オリジナルの名前をつけて分けておくことも可能です。

スクリーンショット 2016 09 01 16 59 54

例えばセミナー参加費などは、年間いくらまでと枠を設けている方もおり、新たに『研修費』と名前をつけて他の費目と分けることもありました。

ご自身で分かりやすい名前をつけておく選択肢もあることを押さえておきましょう。

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼