監査法人へ就職するのなら事前にExcelを使えるようにしておこう。

公認会計士試験の合格者の方から「就職前にやっておくべきことは?」を聞かれることがあります。

自身が思うこととしてはもしパソコンの操作を苦手意識があるのなら、エクセルだけは就職前に使えるようにしておくのがいいと思っています。

監査法人への就職でエクセルを使えるようにしておく理由

Excelを使えるようにしておくのが良いと考えたのは、Excelについて必要な知識を知らず大変な思いをされている方を目にすることが多いため。

例えば期末監査の手続で勘定科目明細の合計金額の再計算、確認状の発送先を選ぶために勘定科目内訳を金額の大きい順に並び変えるなど、Excelの機能を知っていれば一瞬で終わってしまうことでつまづいてしまいます。

会計や監査の知識があったとしても、単にパソコンに弱いだけで業務に支障が出るのは、そこそこExcelを使える人ならこういった操作は一瞬で終えてしまえるので監査をするならある程度のExcel能力は必須とすら言えるのでは^^;?

引き継いだExcelシートを台無しにしてしまうと先輩方から反感を買ってしまうことも…

また、監査法人の新人さんは先輩からExcel資料を引き継いで数字を更新することを頼まれることがあります。そこで良く起こりがちなのが新人さんがExcelの関数の意味が読み取れず、関数を手入力で台無しにしてしまうこと。

作り込まれたExcelシートは今後引き継げない無残な姿に…先輩方から反感を買ってしまうことも毎年良くあるエピソードです。

このようなことがあると、Excelが不得意なだけで仕事が出来ないといった印象を持たれてしまいますのでお気をつけください。

監査でよく利用するExcelの機能と数式、関数

監査の対応の中でよく利用するExcelの操作をあげてみると

機能であれば

  • 打ち込んであるデータをコピーする『コピー&ペースト』
  • データを抽出・並び変える『フィルター機能』

 

数式であれば

  • 足し算『+』、引き算『-』、割り算『/』(分数です)

 

関数であれば

  • 合計『sum』
  • 平均値『average』
  • データ参照『vlookup』
  • 条件に合うデータを合計『sumif』

といった程度のもの。

意外かもしれませんがよく利用する機能は少なく比較的簡単に利用できるものが中心でして、仕事が出来ないとレッテルを貼られないようにするExcel操作のレベルでしたら数時間もあれば独学で利用できるようになるかと。

就職前にExcelの簡単な操作を知っておこう

今回あげたExcel操作を知っておけば監査法人に就職した際にExcel操作で戸惑ってしまうことは少ないかと。もしExcel操作が不安な方は安く薄い本ぐらいで構わないのでExcel本でも買って事前に勉強されるのをおすすめしますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
週末とあるセミナーに参加することを決めました。
新しい気づきを見つけに行ってきます!

【昨日の一日一新】

9/10 国勢調査 インターネット回答

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク