監査法人の就職前にはExcelを勉強して使えるようにしておこう

公認会計士試験の合格者の方から「監査法人で働く前にやっておくべきことは?」と聞かれてアドバイス出来るのは「エクセルだけは就職前に使えるようにしておきましょう。」ということ。

監査法人の新人スタッフが真っ先に必要となるのは高度な会計監査の知識ではなく、Excelを使ったデータ加工だったりしますので…

関連:

監査法人で働く前にエクセルを使えた方が良い理由

Excelを使えるようにしておくのが良いと考えたのは、Excelについて必要な知識を知らず大変な思いをされている方を目にすることが多いため。

例えば勘定科目明細の合計金額のチェックや、確認状の発送先を選ぶために会計データを加工することは、Excelの基本的な機能を知っていれば一瞬で終わってしまいます。

昔と違い手書きの会計帳簿はなく、会計ソフトから出力されるデータを中心なのですから実務で使うのはパソコンが中心。受験生の時ほど電卓は使いません。

たとえ会計や監査の知識が十分にあったとしても、単にパソコンに弱いだけで業務に支障が出ることもありますし、監査をするのならある程度のExcel能力は必須とすら思っています。

関連:

作り込んだExcelシートを台無しにする新人スタッフ

監査法人で最初に任されるお仕事としては先輩から引き継いだ監査調書(Excelデータ)の数字を更新することが一般的です。

例えばクライアント先に新人スタッフを連れて行く前に、リードシート(決算書の増減分析資料)を最新のデータに置き換えを頼んでおくことで、どれぐらいのスピード感と精度で仕事を終えることが出来るのか、そのレベル感もつかめますので。

そこで良く起こりがちな失敗が新人スタッフがExcelで作り込んである関数の意味が読み取れず、手入力で数式を台無しにしてしまうこと。

作り込まれた監査調書のひな形を崩してしまうのは翌年以降の業務効率を下げる訳でして、地味に罪深かいですし、単にExcelが不得意なだけで周囲から悪い印象を持たれてしまうきっかけになります。

監査でよく利用するExcelの機能と数式、関数

監査の対応の中でよく利用するExcelの操作をあげてみると

機能であれば

  • 打ち込んであるデータをコピーする『コピー&ペースト』
  • データを抽出・並び変える『フィルター機能』

数式であれば

  • 足し算『+』、引き算『-』、割り算『/』(分数です)

関数であれば

  • 合計『sum』
  • 平均値『average』
  • データ参照『vlookup』
  • 条件に合うデータを合計『sumif』

といった程度のもの。

意外かもしれませんが、使う機能はとても少ないですし基本的なものが中心です。変なレッテルを貼られないようにするExcel操作の勉強は独学でも数時間といったところではないかと。

就職前にExcelの簡単な操作を知っておこう

今回あげたExcel操作を知っておけば監査法人に就職しても戸惑ってしまうことは少ないかと思います。

もし操作が不安でしたらExcel操作の薄い本を購入して事前に勉強されてはいかがでしょうか?敬語やマナー、対人関係を学ぶよりも対費用効果の良い勉強ですので。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
週末とあるセミナーに参加することを決めました。
新しい気づきを見つけに行ってきます!

【昨日の一日一新】

9/10 国勢調査 インターネット回答

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼