監査法人へ就職する前に。Excelに触れておきましょう

公認会計士試験の合格者の方から就職前にやっておくべきことを聞かれることがあります。その回答としてはパソコンの操作、特にエクセルを就職前に触れておくことをアドバイスしています。

スクリーンショット 2015 09 11 11 31 06

エクセルに触れてくようアドバイスする理由

Excelに触れておくようにとアドバイスをする理由は、仕事で必要な会計や監査の知識があったとしてもExcelについて必要な知識を知らなかったため苦労してしまった方が多く感じたためです。例えば期末監査の手続で勘定科目明細の合計金額を確かめる。確認状の発送先を選ぶために勘定科目明細を金額の大きい順に並び変えるなど、Excelの機能を知っていれば一瞬で終わってしまうことで躓いてしまうのです。

引き継いだExcelシートを台無しにしてしまうと先輩方から反感を買ってしまうことも…

また、監査法人に就職すると先輩からExcel資料を引き継いで数字を更新することを頼まれることがあるのですが、新人の方がExcelファイルの数式の意味が読み取れなかったため、数式を全て消してしまい電卓で再計算し手入力。作り込まれたシートを台無ししにて先輩方から反感を買ってしまうなんてことも起こりがちです。このようなことがきっかけで嫌な印象を持たれてしまってはもったいないです。

監査でよく利用するExcelの機能と数式、関数

監査の対応の中でよく利用するExcelの操作をあげてみると次のものがあります。機能としては打ち込んであるデータをコピーする『コピー&ペースト』、データを抽出・並び変える『フィルター機能』。数式では足し算『+』、引き算『-』、割り算『/』(分数です)。関数として利用するのは合計『sum』、平均値『average』、データ参照『vlookup』、条件に合うデータを合計『sumif』程度です。

意外かもしれませんが、よく利用する機能は少なく比較的簡単に利用できるものが中心です。そのため監査で必要とされるExcel機能は数日もあれば独学で利用できるようになります。

まとめ、Excelの簡単な操作を知っておく

今回挙げたExcel操作を知っておけば就職した際にExcel操作に戸惑うことはほぼありません。もしExcel操作が不安な方は勉強されては如何でしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
週末とあるセミナーに参加することを決めました。
新しい気づきを見つけに行ってきます!

【昨日の一日一新】

9/10 国勢調査 インターネット回答

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク