MD&Aの事例調査 決算月変更後の業績の過去比較は前年同一期間が多数派

この数年で海外企業との決算月統一するために12月決算へ変更することが多いです。決算月を変更すると悩ましいのが、変更した後の業績分析。決算月の変更翌年は過去との業績比較をいつの時点と比較して分析するのかと。

そこでEDINETで公表されている四半期報告書から決算月が変更となった事例を探し、どのような決算分析をしているかを財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析の記載(以下MD&A)から調べた結果について今回記事にしています。

関連:

決算月の変更後 どの時期と比較するのか?

決算書の過去との比較をする際は損益計算書が前年同期比較、貸借対照表が前期末との比較が行われて説明されるのが一般的です。

例えば、三ヶ月間ごとをひとつの四半期とするケースでは、前期の同一四半期となります。ただここで問題となるのが、決算月を変更した翌年の損益計算書の比較をする場合です。

通常通り前期の同一四半期と比較すると対象月が異なるため、前期比較として業績の説明としては微妙ですし、決算月が違うため比較しないというのも決算開示として望ましいとも思えません。

例えば3月決算の際には第1四半期が4月~6月となりますが、12月決算では第1四半期は1月~3月です。同じ第1四半期といっても比較する対象として適切なのか疑問が残ります。

比較する期間としては前年の同一期間、当期が1月~3月の期間を対象としていれば前年の1月~3月の数字を元にすべきではないでしょうか?

ただ、当期と比較するためには、在外子会社の損益取り込み期間など前提条件を一致させる必要もあって実務上はなかなか大変です。決算月の変更はイレギュラーな事象ですし、むしろ比較せずに当期の業績説明をする形で済ませてしまいたいとも思えます。

多数派は前年同一期間との比較を選択

そのようなことを考えつつ実際に過去一年間の事例がどうなっていたのかEDINETで調べてみると以下の結果でした。

  • 前年同一期間と比較するケース      5社/8社
  • 過去との比較をしないケース       2社/8社
  • 単純に前期の同一四半期と比較するケース 1社/8社

多数派となったのは前年同一期間と比較するケース。過去との比較としては理論的とは思えますが、過去の数値を再度作成することが必要なため、十分な精度を保ちつつ開示をするのは要求水準として高いレベルが求められるなと感じます。

事例の記載文からは前年の同一期間数値は、在外子会社の損益について取り込む期間も当期に対応させた上で作成していることが読み取れた会社もあって企業も関与した監査法人も限られたリソースで密度の濃い対応をされたのではないでしょうか。

次点となったのは過去との比較をしないケース。当期の取引について概況を説明する記載となっていました。シンプルな記載ですが大手の監査法人が関与している会社も採用していましたし、開示の事務的な負担を少なくする事例として参考になりました。

最後に少数派となった単純に前期の同一四半期との比較するケース、四半期報告書では過去の損益計算書として前期の同一四半期も記載されるので整合性が取れているのですが、開示事例としてはわずかに1件のみとなりました。

EDINETから決算期変更事例の検索する方法

決算月の変更事例についてEDINETから事例を検索した方法は書類検索の全文検索画面で文字列【定款一部変更】を指定し、書類文書は【四半期報告書】、書類の目次範囲は【事業の状況】を選択。

自身が調べた際には目次範囲をピンポイントで選択してしまうとなぜか文章がヒットしなかったので、【事業の状況】に留めました。

文字列を定款一部変更としているのは、決算月の変更する際の条件に定款変更があるためです。現状はEDINETで特定のキーワードを除外するnot検索も出来ず、Googleの検索エンジンの便利さに慣れていたため若干の使いにくさは感じました。

あとがき

MD&Aの記載はビジネス書の決算書の読み方特集だとほぼスルーされるため、馴染みのない方が多いかもしれないなと思いつつ記事に…ただ会社が何で儲けているのか理解できるものでして、案外重要なものだったりするのですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
デスクで使うキーボードを小型化したいとHHKB BTというキーボードを試し中。
キータッチ良いのだけどキー配列が特殊なので慣れるのでしょうかね?

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼